FC2ブログ

夏夫のエログ

SEX依存症ともいえる夏夫のノンフィクション日記です。

美人妻の七変化!

美女に縁があったわけではないので余談の冒頭になりますが、最近の女性はメイク技術の進歩もあるせいか綺麗な方が多くなりました。

昨日は会社にクルマを取りに行った帰りに立ち寄ったGSで、洗車中の休憩室でアラサーと思われる女性をロックオン!

待合室の自販機で飲料水を買う黒づくめのバックスタイルは、黒ストに包まれた美脚と言えよう足首は締まり、ブラックフォーマルなワンピースはボディラインの凹凸がハッキリ・クッキリした所謂バックシャン。

飲料水を取るのに膝を揃えたスト脚を曲げたとき、黒ストに皺が寄るのが不思議とセクシーに見える夏夫でした(汗)

彼女は、彼岸で墓参りに行く途中の給油と想像します。

美女ではなく女性と表現した理由は上戸◯に似た爬虫類系で、夏夫のストライクゾーンかといえば見逃しの三振を食らっても後悔はないかなと・・。

それでも視姦を楽しんでいるようなエロい表情と、けなすことは出来ないボディラインは時間があったら冷やかしのお声掛けも考えられましたが、妻からの電話を取る間に姿を見失いました。

★ ★ ★

妻の電話は夏夫がクルマを取りに行ったついでに、そのまま帰宅したら一緒に買物に出掛けたいと言います。

給油と洗車を済ませて帰路につくと、帰宅時刻が読めたところで妻に電話してマンションの駐車場で待ちました。

隣街に行くだけというのにオシャレに粧し込んだ妻は、前日のセーラー服とは打って変わりセレブな装いで夏夫と合流。

ポロシャツにジーンズの夏夫とはアンバランスと知りながら、夏が名残惜しくなるような水色でノースリーブの織り柄ワンピースにナチュストです。

たかが隣街、しかも買物といってもクリーニング店(夏夫のワイシャツは地元も、セーラー服は怪しまれるので隣街に・・)とスーパーに行くだけと言うから・・(苦笑)

助手席に座ると公道に出たところで夏夫の手を太腿にエスコート、最初の信号待ちで股間に手を伸ばすとヒップを持ち上げ協力してくれました。

普段は遅いと感じる信号が青になるまでこんなに早かったかと思うも、しっかり濃紺の三角巾を確認します(汗)

★ ★ ★

スーパーでは夏夫から一瞬たりと離れない妻ですが、いつもなら独りで通っていると思うと心配になりました。

刺身となって陳列された魚も、美しすぎる妻を見ては生き返るのではないかと・・(苦笑)

中途半端な時間となり夕食の買物だけして、ランチは店内のフードコートで済ませることにします。

せっかくだからラブホでも行く気になるも、生鮮品を買ってしまい直帰するしかなく家路を急ぎました。

夏夫が駐車場にクルマを止める間に、妻は先に帰り買物を冷蔵庫に仕舞うと寝室で待ちます。

手洗いと歯磨きを済ませ寝室に行くと、ランジェリー姿で布団から小さな顔だけを出していました。

布団を剥いで添い寝するとディープなキスを合図にスイッチを入れ、痛みを感じるほど強く舌に吸いつかれ激しく絡ませます(汗)

濃紺の下着は上下ともシースルーでカップレスのブラジャーは乳首が透け、クロッチレスのTバックは三角巾が無毛のワレメに食い込んでました。

★ ★ ★

ブラジャーだけを外してあげると、トップレスの姿で後ろ向きになり夏夫の顔を跨いで腰を落とします。

夏夫の胸板に手を置くとM字開脚の顔面騎乗位ですが、パンティは穿いたままで舌戯を強請られました。

舌を伸ばして〝T〟をなぞるように舐め回してから、指は使わず舌先でズラしアナルを擽ります。

そのまま前に倒れ込むと69となり、片脚を少し持ち上げパンティを脱がすのに協力するとオーラルを楽しみました。

オーラル好きな夫婦だけに舌戯はエンドレスだから、黙っていたら二人とも延々に舐め合うだけです(汗)

妻がクンニでアクメを迎えたときが体位を変えるチャンスで、顔に押しつけたヒップを痙攣させると背面騎乗位に移し肉棒を・・。

セクシーな声だけでも興奮させられますが、美人妻の逝き顔を見ないと気が済まないので振り返らせました。

情けないことに妻は舌の触感で逝くも、夏夫は美人妻の美貌を眺めるという視覚に射精を誘発されてしまいます。

二人目に離婚した妻が松田聖子はウンチもしたことないイメージと言ってましたが、今の妻が淫らな行為をすることが夫ながら信じられない夏夫でした(汗)

★ ★ ★

何とか無事に週末を過ごすと、今日は金曜日のデートを今日にリスケした淫秘書の久美を犯します。

・・というより、夏夫が犯されると言った方が正確かも知れません(汗)

昨夜は妻が寝る前にシャワーを浴びている最中に久美にメールすると、まさか日曜日に夏夫から連絡があるとは思ってなかった彼女でした。

『本当っ?

今から一人エッチして寝ようと思ったけど、今日は我慢するわ。』

肉棒の勢いがある内に今日は淫秘書に白々しい用を与え、昼間からラブホに誘うことにしたのです(汗)

久美が御機嫌になったのは他にも理由があり本当ってリターンがあったのは、9月に予定していた旅行を今週の木曜日から土曜日までの二泊三日で実行することになりました。

妻には夫婦性活に満足する昨日の内に出張の予定があると伝えてありますが、帰宅する土曜日の夜はSEXは免れないでしょう(汗)

皆様は仕事で忙しく、夏夫はエロに忙しい月末になります!



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2017/09/25(月) 08:09:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥様はツンデレラ(笑)

普通の奥様と普通の不倫、やがて恥じらう姿が淫らとなって・・そんな新鮮とも思える浮気をしてきた翌日の昨日は、エログを投稿してから早朝キャッチしてた愛子のメールにリターンを送りました。

幸いにも御主人の帰宅は深夜2時過ぎとあって夫婦の営みはなかった(・・とは言ってませんが)ようですが、まだ初めての浮気に興奮冷めやらないとか・・(苦笑)

まだ序章とはいえ愛子の写真がないことに後悔すると、次があれば撮影を強行することになりましょう。

『専務に私が感じてる姿を見られたのは恥ずかしい、夫とエッチしても音を聞かされるまで濡れたことないし。。(><)

この私が、まさか一線を越えるとは思っても見なかったわ。』⬅︎リアル、原文の一部を抜粋

面と向かっては無理でもメールだから言える意味深なコメントも、送信してから記録に残ることに気づき後悔していることでしょう(苦笑)

そんなメールを打ち込みながらも、夏夫とのSEXを思い出してはオマンコを濡らす愛子が想像出来ました。


久美には愛子を送ったあと、会長とクラブ(キャバクラと言ったら怒るので・・汗)で飲んだ帰りだとメールしてあります(汗)

『この時間にメールして来たってことはホステスをお持ち帰りしてないようだから許してあげるけど、一週間以上エッチ出来ない今日の私は一人遊びしたわ…(涙)

月曜日は美味しい食事と夏夫をご馳走してもらうから、おかわり自由で・・』⬅︎これまた原文の一部抜粋です(汗)

いつか愛子も、こんなメールが届くことを願いましょう。


今朝起きてみると日曜日だというのに、悪友Jのレンタル妻・佳那から掟破りなメールが届いてました。

何でも月曜日にJと不倫デートの予定をドタキャンされ、佳那は自ら夏夫に又貸しを希望してきたのです。

まさか久美をリスケすることは出来ないと丁重に断るしかなく、タイミングが悪いことを残念に思いました(泣)

又貸しの予約は早いほうがいいと、日曜日にも関わらずメールしてきたと言うから、都合のよいオトコになりつつある夏夫です。

★ ★ ★

昨日は祭日(秋分の日)でしたが、週休二日という夏夫の会社は休日という感覚はなく普段の週末でした。

普段と変わらないのは美人妻の美貌と色気も一緒で、なんて綺麗でセクシーな妻なんだと惚れぼれします(照)

これで会社にクルマを取りに行くことは断念することになり、夫婦のボディランゲージ・スキンシップに専念することに・・。

『今日は、なに着ようかしら・・。』

妻は肌寒くなったことで悩むのではなく、夏夫の目を楽しませてあげようと装いと下着に迷ってました。

そんな妻には、毎度のことながら感謝します。

リビングでテレビを見る夏夫に微笑み、寝室で着替えて戻ってきた妻は季節的に見納めとなるか夏物のセーラー服姿!

しかもセーラー服の上着だけで、下半身は珍しくパールホワイトでハーフバックの紐パンティに紺のニーソを穿いただけでした。

『たまには(紐パンティも)いいでしょ、そんな(セーラー服の)気分じゃないかしら?』

平凡なオバサンが着たらドン引きするも、周囲から他薦の相次ぐ〝美魔女コンテスト〟にエントリーすればブッチ切りの優勝は間違いない妻だから・・(汗)

SEXの最中にはあったもの、セーラー服の上着だけとは魅せてくれます。

ニーソは理解出来るもTバックを紐パンティに穿き替えたのは、何となく背伸びしたJKをイメージしたとか・・。

夏夫の前に自らの気分を表現したということのようで、自分に似合うという自信があるからでしょう。

★ ★ ★

さすがの夏夫も援交の経験はありませんが、セーラー服姿に興奮してしまうキモいエロ親父の気持ちが理解出来た瞬間でした(苦笑)

情けない・・(^^;;

元カレが好きだったことで久美も愛用していた紐パンティですが、夏夫もビキニを穿くのでTバックのフィット感が堪らないことは分かっても、紐パンのメリットは何なんでしょう。

オトコは紐を解く楽しみ・・だったら穿く本人のオンナはと、疑問に思ってしまいます。

ただし妻のいう背伸びしたJKのイメージは何となく理解出来ると、夏夫もその気になって犯すことにしました(苦笑)

白衣を着れば、こんなナースが居たら・・セーラー服を着れば、こんなJKが居たらと何を着ても喜ばせてくれる美人妻に感謝します。

何度も着ているセーラー服ですが、夏夫が飽きないようにと紐パンティで変化をつけたのでしょう。

セーラー服の上着だけって華奢に見えるものだけに似合う絶対条件は小顔であること、A◯Bの高橋み◯みのような顔が大きいオンナはバランスが悪く似合いません(笑)

愛子はシンデレラなら妻はツンデレ(下手なダジャレ)とは言いませんが、独り街を歩けば美しすぎて近寄り難い人妻も夫と二人になればセーラー服を着て甘えるから・・(苦笑)

決してロリの性癖だけはない夏夫も、美人妻のセーラー服姿は何度見ても飽きるどころか毎回興奮させられます。

★ ★ ★

いつものプリーツスカートを捲る必要がない姿で四つん這いの挑発、Tバックが食い込む光景に見慣れているもハーフバックのパンティからハミ出す桃尻のワレメも中々の絶景!

片方の紐を指で摘み解くと桃尻の1/4を隠すだけでアナルは丸見え、背中の濃紺に白線のセーラーカラー、引き締まった足首と脹脛を包む濃紺ニーソとのコラボな景色が堪りません。

『そこ(アナル)は・・。

もう、エッチな先生なんだからぁ。』

アナルを舌先で擽ると、夏夫はエロ親父を想像するも妻はエッチな先生をイメージしていたようです(苦笑)

もし夏夫が先生で妻の担任だったら、幾ら成績優秀でも素行不良で留年させ、妻を簡単には卒業させないでしょう。

Tバックは最高ですが、片脚に引っ掛けた紐パンティも中々の絶景でした。

妻はベッドの上で振り返り座ると夏夫は床に足をつけ、セーラー服姿で仁王立ちのフェラチオをしてくれます。

まさに〝淫行〟だから、罪を感じながら肉棒を咥えさせました(汗)

夏夫もベッドに上がり仰向けに寝ると、妻は紐パンティを片脚に引っ掛けニーソを穿いたまま顔を跨ぎます。

性教育の指導を受けているつもりか、美人JKのクンニに感じて困った表情が興奮させてくれるから・・。

セーラー服姿という美人妻はM字開脚で腰を落とすと、クンニだけでは満足しないとアナルを押しつけました。

顔面騎乗位▶︎背面騎乗位▶︎ノーマルな騎乗位の順で犯すと、クンニと肉棒の挿入にアクメを連続して迎えます。

犯罪ついでに夏夫のフィニッシュは、久しぶりにセーラー服で精飲させました(汗)

精液の量をチェックされることも忘れるほど興奮してしまったから、射精の瞬間に肉棒を喉奥に押し込み誤魔化します。

妻は大量の精液を飲んだと錯覚、舌を出して飲み干したことをアピールしたから万事休すでした(苦笑)

射精直後のお掃除は余計で、擽ったかったのも束の間で微量を連射(汗)

★ ★ ★

このレポート、実はタクシーの後部座席からの投稿で、今朝は早起きしてクルマを取りに会社に向かってます。

経験者の麗子か久美と痴漢プレイでも出来るなら楽しいでしょうが、あのラッシュ時の電車通勤はキツいですから・・。

帰宅したとき、どんな姿の妻が迎えてくれることでしょう。

久美が会社で待ち伏せしてないことを願い、GSで洗車中に妻とのSEXをイメトレすることにします(笑)




  1. 2017/09/24(日) 09:17:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥様はシンデレラ

夏夫にとって〝よくある話〟と言えばそれ迄ですが、少ないチャンスをものにしたというノンフィクションの体験レポートです。

昨日の朝は私用で銀行に立ち寄ると待ち時間にエログを投稿、11時過ぎの出社となったから久美は苛立っているはずと慌てます(汗)

それでも久美には特別な金曜日だから顔を見れば御機嫌になると思うも、コーヒーを淹れてくれた彼女は嬉しいはずが浮かない表情でした。

遅刻を怒っているのかピルでも飲み忘れたか、それとも来るはずがない女の子にでもなったかと思いきや・・。

『今日は余り飲みすぎないで、キャバクラなんて行こうとせずに真っ直ぐ帰ってよ!

いかがわしい店に行く時間があるなら、ウチに来なさい。』

金曜日はデートだというのに一瞬何のことやらと思うも、久美の説明で昨日の予定を把握出来ました。

一ヶ月以上経ちますか夏夫が独立する前に役員を務めていた会社から、残暑見舞いがてらイベントの招待状が届いていたのです。

会長が米寿を迎えられ敬老の日がある9月に祝賀会を開催するということで、現役社員の他にOB・OGも招待されて盛大なパーティーがあるのを忘れてました(汗)

当初は金曜日ということで久美には翌月曜日にリスケしてたので、彼女はしっかり覚えていたから不機嫌ということでした。

★ ★ ★

淫秘書は此処ぞとばかりの露出度の高い装いで出社すると、毎度のことながら朝からパンチラの挑発で夏夫を後悔させるつもりです(苦笑)

それも新しく買ったというパンティは光沢のあるチャコールグレーのTバックで、極小三角巾と当然ながら夏夫の好み!

これでも(パーティーに)行く気とでも言いたげだから、困った秘書です(汗)

魔除けの御守りにヘアでも抜いて持って行くかと思っても久美はパイパン、せめても悪い虫が寄りつかないようにと淫汁を指に擦りつけて出掛けました(苦笑)

★ ★ ★

分かっていたら電車通勤したもの、仕方なく会社にクルマを置いてタクシーでパーティー会場に向かいます。

受付で署名と交換にプラスチックのクリアホルダーを貰うと、中に名刺を差し込み胸ポケットに挟みました。

当然ながら現役の若手社員はほとんど知らない者ばかりで、声を掛けられ挨拶されるのは夏夫が在籍中から居る社員とOB・OGばかり。

『◯◯(夏夫の苗字)専務〜♡』

久しぶりに専務と呼ばれた聞き覚えがある声の主は愛子で、彼女は元シンクロの〝青木愛〟に似た美人OGです。

顔立ちというか骨格も似てるからか、あの鼻にかかった(抜けた?)ような声まで似ていて独特なんです。

SEXの声が聞きたいと男性社員が噂するのを聞いたこともあり、モテモテだった愛子は何人もの同僚・上司から求婚されてたのも耳にしたことがありました。

本人に聞いた話では彼女も34才となり一度4年前に寿退社すると、今は同社でパートタイムで働いていると言います。

人妻と知り悪い虫が騒ぐと、愛子の選んだ伴侶は同僚でも上司でもなければナンパされたオトコというから、気をつかうことなく口説けそうでした(苦笑)

もっともそんな子(どんな子だか・・笑)ではない愛子で、苦戦が予想されましたが・・。

★ ★ ★

グループ会社を含めると約500名の組織だけに.社員のほとんどは役員と直接話せる環境にはなかったので、夏夫も愛子とゆっくり話すのは初めてのことでした。

冗談のようにパーティーが終わったら二人で飲み直さないかと耳打ちすると、これが意外にも親指を立てウインクしてはOKだと言います!

あくまでもSEXでなく、飲み直すことにOKされただけですが・・(汗)

★ ★ ★

久しぶりに会長と逢うことで社長と三人でクラブに誘われましたが、最終の新幹線で大阪に出張と上手く誤魔化し途中退席します(汗)

愛子とは時間差で脱出を図ると、夏夫がタクシーをつかまえ居場所をショートメールで知らせました。

御主人には女子だけでカラオケに行くから遅くなると電話したようで、金曜日とあり御主人も午前様になるからと期待させてくれます。

そんなことはどうでもよいから・・というエログを閲覧する皆様の声が聞こえてきたので、先を急ぎましょう(苦笑)

悪い予想は的中すると口説く雰囲気はなく、当時は夏夫に話したくても話せなかった思い出話に盛り上がりました。

ビジネスもオンナもストレート勝負する夏夫です、心の中で会長に謝ると愛子を口説くことにします。

麗子の例もあるだけに社内で兄弟が居る可能性も捨て切れませんでしたが、嫉妬プレイするにも愛子を寝盗らなければ始まりません。

★ ★ ★

もし当時に口説いていたら結果は分かりませんが、このまま帰したくないと独り言のように呟くと、愛子は恥じらう表情を見せて無口になりました。

都合よく解釈すると〝NO〟の返事もないことから、一気に押すことに・・。

決してレポートが面倒だからとカットするわけではありませんが、バーを出ると二人を乗せたタクシーはラブホに向かってます(汗)

夏夫が知ってる愛子は初々しいOLも、今では立派な人妻という大人のオンナ。

心の中で夏夫は会長に、愛子は御主人に懺悔することになりました(苦笑)

こういう時にオンナは、気づいた時は裸にされていて彼(この場合は夏夫)を受け挿れてたと感想を述べるのでしょう(笑)

★ ★ ★

皆様と足並み揃えて焦ることは出来ないと、夏夫らしくなく愛子のシャワーを許さないことはしませんでした。

二人で飲み直すことが第一の目的で、SEXは流れでと思わせることに・・。

先にシャワーを愛子に譲ると幸いにもパウダールームとバスルームの距離があり、彼女のシャワー中に歯を磨くと見せかけバスタオルの下にある下着を覗きます。

これが勝負下着でないなら普段からセクシーな下着をつけている愛子となり、更にブラジャーのカップに隠したパンティはクロッチ以外のフロントとヒップが透けた白いハイレグでした。

鼻につけて嗅ぐ時間の余裕はありませんでしたが、淫臭はダイレクトに嗅ぐことにして縦長な楕円の小さな染みは確認済みです(汗)

元通りにすると忍び込んだとなればスケベと思われるだけで、堂々歯を磨いたと思わせる為にわざとらしく咳払いをして退散しました。

アップにした髪を解きながら下着を丸めバスローブ姿を披露する愛子と交代で、夏夫がシャワーを浴びることに・・。

夏夫もビキニを我慢汁で汚してましたが、まさか愛子は手に取ることはないでしょう(苦笑)

★ ★ ★

バスルームから出てバスローブ姿でベッドに座ると、愛子は夏夫に目を合わせることなくソファに姿勢よく座って、次の行動に悩んでる様子でした。

人妻の浮気なんて、こんなものです(笑)

これが回を重ねるごとに、大胆になり淫らになるもの・・。

最初から露骨にSEX目的なら、また違った対応になりますが・・(^^;;

夏夫の手招きでようやく立ち上がると、ベッドに座ったまま愛子のバスローブを解いてあげました。

愛子は〝恥ずかしい〟という一言までも口に出せないと、夏夫の行為を黙ってただ見守るだけです。

ゆっくり夏夫も立ち上がり愛子のバスローブを肩から落とすと、全裸の彼女を抱き寄せ唇を奪いました。

只々黙々と舌を絡ませては呼吸困難に陥り、夏夫の手淫に裸体を預けるだけで全く抵抗しません。

ブラジャーに頼らなくても寄せ気味のバストは小さいながらも谷間を作り、小粒な乳首は夏夫の舌で転がされ隆起してます。

パンティを穿いてたら透けて見えたであろうヘアは薄く、縦に割れたワレメを隠し切れてません。

夏夫が自らのバスローブを解いて見せると、一瞬でパイパンと見分けハッとするも感想を述べることなく手を伸ばしました。

★ ★ ★

不貞妻の仲間入りを果たした愛子は、義務と思ったのかベッドに寝ると他人棒を遠慮がちに咥えます。

夏夫の反応を試すと、青木愛に似たエクボを更に大きくしてのバキュームフェラを披露したからスイッチを入ったのが分かりました。

元部下らに兄弟が居ないことを願いながら、愛子のフェラチオを堪能します(汗)

先手を取られ暴発するわけにいかないと、裸体を入れ替え愛子を仰向けに寝かせ股間に顔を埋めました。

ボディソープの香りが邪魔でしたが、オマンコの淫臭はしっかり嗅ぎながら淫汁を舌先ですくいます。

『あっ、専務・・。』

当時の肩書きで呼ばれるも、この日久しぶりに愛子の声を聞きました。

★ ★ ★

愛液の分泌量は他のパートナーに比べても多い方で、わざとらしくしなくてもジュルジュルと卑猥な音を立てます。

『私・・初めてだから・・恥ずかしい・・。』

夏夫とが初めてということか、浮気が初めてと言いたかったのか・・それとも身内(社内)が初めてなのか・・聞く勇気もなかったから、自分らしくないなと思いながら無言でクンニしてあげました(汗)

麗子との嫉妬プレイが頭に残って間もないことで、愛子ほどの美人を元部下が犯してたとは思いたくなかったのは正直な気持ちです。

御主人のことより同僚・元部下らが気になるから、オトコ・・いや夏夫って、なんて自分勝手なんでしょう。

行為中に浮気素人のようなヤボな質問をしてしまうと、愛子の〝初めてだから〟と〝恥ずかしい〟は別物だったと分かりました。

つまり初めてというのは浮気も身内(夏夫は他社の人間も、愛子には上司とか・・)もということで、卑猥な音を立てたクンニに恥ずかしいと言ってしまったとか・・。

プロポーズした同僚は数多く居てもSEXには至らなかったらしく、嫉妬プレイは成り立たないのは残念ですが反面ホッとします(苦笑)

改めて思うのは最初からSEX目的と成るようにしてなった浮気の違いは明らかで、今回は後者ということでオンナ(愛子)は恥じらいが先行したのです。

★ ★ ★

そんなことでパーティ会場やバーに居た時とは違って、プレイ(SEX)中の愛子は必要最低限の言葉しか口にしません。

それでも鼻に掛かった喘ぎ声を聞かせると、セクシーだから・・。

御主人以外の肉棒・・つまり他人棒を初めて受け挿れたのは騎乗位と、これも顔面騎乗位のクンニから自然な流れでした。

下から伸ばした手で推定80cmのCカップというバストを揉むと、愛子は自ら腰を動かし深い挿入を堪能します。

それを見て夏夫は何かを言ったわけでもないのに、愛子は・・。

『あっ、勝手に(腰が)動いちゃう(泣)』

他のオトコならいざ知らず夏夫に言い訳は不要で、ウエストの縊れに手をあて腰の動きを手伝いました。

『専務、私・・。』

愛子は腰の動きを止めると上から覗き込むようにして夏夫の目を見つめ、まな板の魚がトドメを刺されたかのようにビクっと二度三度痙攣してアクメを迎えます。

夏夫に覆い被さるようにして心臓の鼓動を直接伝えては、セクシーな溜息を聞かせポツリと一言・・。

『私、アソコで逝くのも初めてかも・・。』

愛子には初めて尽くしの一日となったようで、これを機に不倫(浮気)に目覚めるならパートナーに立候補したいと思いました。

★ ★ ★

全てを曝け出す前にラブホを出ることで愛子は次に期待するはず、御主人にはしてもらえない淫行(プレイ)を小出しにすることで彼女を引き止める作戦にします(苦笑)

「迷惑は掛けないし秘密は守るから、また逢ってもらえるかい?」

『いま、私も同じことを聞くつもりだったわ。

一夜限りなんてイヤよ、そんなオンナだと思われたくない(泣)』

浮気も初めてなら一緒にシャワーを浴びるのも初めてのはず、全裸でバスルームに歩くと他人棒を手コキするように淫汁を洗い流してくれました。

再び手コキ(愛子は愛撫のつもりではなかったようですが・・笑)でスイッチが入ると、仁王立ちのフェラチオをしてもらい立ちバックで犯します。

愛子は他人妻のシンデレラ、エンドレスというわけにはいかないと0時ジャストには送り届けました(汗)

サプライズな再会ではあったもの、ラブホ滞在時間が約三時間と短かったことで、何となく普通の浮気をしてしまったことが夏夫は新鮮に感じます。

久美は特別として社内不倫は容易ではないと思うと、こうして別の会社に居ることが幸いしたかなと・・。


今朝は雨が止むのを待って、会社にクルマを取りに行くか迷ってます(汗)



  1. 2017/09/23(土) 07:12:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クルマ屋のOLが電車に・・

皆様には予告通り、麗子とは約束通りに〝嫉妬プレイ〟を楽しんで来ました。

スーツを脱ぎすてたオフの麗子は夏夫に気づかうと、真っ白なノースリーブのカットソーにローズピンクのタイトミニという勝負服!

一昨日は彼氏が仕事なので夜にデートしたというから、半日も経たない内に他人棒で犯されることになります。

休みの関係でスレ違いが多く彼氏と別れるのも時間の問題と言いますが、出来れば別れて欲しくない〝嫉妬〟の前に〝寝盗りたい願望〟がある夏夫でした(苦笑)

★ ★ ★

『昨日も、彼と歌舞伎町に来たわ・・。』

夏夫が誘導尋問するわけでもないのに、既に嫉妬プレイが始まったのか彼氏とのデートを独り言のように話します。

『久しぶりのデートだったから・・。』

あとが続かないと、久しぶりだったから激しかったとでも言いたかったのでしょう。

★ ★ ★

彼氏と利用したラブホではないことを確認してからチェックイン、もっとも夏夫は他の美女と来たことのあるホテルでしたが・・。

挨拶のキスを交わし唾液を交換しては、カットソーの上からGカップのメガバストを揉みヒップを撫で回します。

ここでスカートがマイクロミニではなく膝丈タイトミニの理由が分かると、やや光沢のあるナチュストをガーターベルトで吊ってました。

極小三角巾のパンティはパールホワイトのTバック、同色のガーターベルト姿に悩殺され早くも肉棒が暴れ出します(汗)

聞けば彼氏の好みらしく、一昨日は勿論のこと事前にデートを約束してる日はガーターベルトをつけて会社に行くこともあるとか・・。

全身からフェロモンを醸し出す麗子です、そんな彼女のガーターベルト姿を見た彼氏は興奮したことでしょう。

『たしかに興奮してたわ、久しぶりのエッチというのもあったけど何度もセクシーだって言われたもの(笑)

だけど彼に見せたガーターベルトは黒でパンティもピンクだったから、今日の下着とは違うから安心してっ!』

嫉妬します。

★ ★ ★

どんなSEXを・・麗子は生々しい質問に答えると、ガーターベルト姿で夏夫にしてくれた鏡の前で手コキしてあげたとカミングアウト。

これは再現をお願いするしかなく、さっそくパウダールームに二人で歩くと鏡に向かって立ちました。

『こうしてあげるの、彼も好きよ。

昨日なんて溜まっていたから、フェラチオしてあげる前に洗面台に飛ばしてたわ(笑)』

若い彼氏だけに回復力もあるでしょうが、夏夫はペース配分を考えないと麗子を満足させられません(汗)

二人で鏡に向かって手コキされながら、麗子が夏夫に卑猥な言葉を浴びせました。

『オトコの人って、皆んな(鏡プレイ)好きなのねっ。

ほら見てっ、エッチなお汁が溢れてきたわ。

夏夫も我慢しないで出していいのよ、麗子に見られてると思うと興奮するでしょ。』

皆んなって・・彼氏に嫉妬させるに留めず、他のオトコにも嫉妬させるつもりのようです。

事前に夏夫が一番エロかった話を聞かせて欲しいとメールしたので、麗子は今の彼氏よりエロい体験を思い出して・・。

『これ(鏡プレイ)を教えてくれたのは今は転職して居ないけど元上司で、最初は恥ずかしくてぎこちなかったと思うけど上司の興奮する姿を見て研究したの(照)』

今の彼氏とは大学の同級生と言ってたのに、社会人になって上司と不倫してたとはサプライズに嫉妬させられました。

★ ★ ★

不倫のキッカケはカットしますが元上司との関係は半年ほど続き、彼氏と休みが違うことから元上司に合わせてローテーションを組んでたと言います。

元上司も奥様と、麗子も彼氏と倦怠期が一致したことで・・。

勿論、上司との淫行を聞かないわけにはいかないと、嫉妬はしても怒らない条件で話し始めました。

『上司は私に彼氏が居ることを知って口説いてきたけど、最初はセクハラ紛いの言葉を毎日のように掛けられて・・。

◯◯君(麗子の苗字)にシャブられる彼氏が羨ましいよとか、◯◯君も舐めてもらって喜んでいるんだろって・・私でなければ訴えられるようなこと平気で言うから、迷惑というより呆れたわよ。

それが情けないことに、そんな上司に犯されることになって・・(泣)

エッチするたび彼とはどんなことしたか聞かれて答えると、泣き顔になったかと思えば手で擦るだけで逝ったり、オッパイに顔を埋めるだけで射精しちゃうこともあったわ(苦笑)

仕事中に視線を感じることが頻繁にあって、また私と彼のエッチを想像しているって分かるぐらい。

結局は冗談だったけど、自分の奥様と私の彼を交えてスワッピングっていうの夫婦交換をしないかって言われたこともあるわ(汗)』

ん?・・何かおかしいかも・・。

こんな話を聞いていると何か違うと・・上司との嫉妬プレイを聞かされて、嫉妬プレイをすることになったから・・。

★ ★ ★

他人棒を手コキしながら鏡の夏夫に話し掛けると、更に元上司との嫉妬プレイネタは続きました。

『上司は彼と同じことをして欲しいって、こんなことまでしてあげるのかとか、もっとヤらしいことしたんだろって聞きたがったわ。

だから夏夫が嫉妬プレイしたいって言ったときは驚かなかったし、オトコの人は皆んな同じような性癖があるってメールを思わず見て笑っちゃった(笑)

もし上司と一緒なら、夏夫も作り話じゃなくて実際にあったエッチを聞きたいんでしょ?

夏夫にはバラしたけど上司は彼がガーターベルト好きなのは知らないまま別れたわ、これ(ガーターベルト)って意外に高いから幾つも買えないから・・。

もっとも上司が知ったら買ってくれたと思うけど、毎日会社で逢うからガーターベルトをいつもつけて仕事することになったら変な気分じゃない(苦笑)』

麗子の巧みなテクニックに寸止めが耐えられる夏夫ではないと、嫉妬に狂い暴発するのも時間の問題でした(汗)

上司や彼氏にしてあげたプレイを一通り聞いたところで、今度は彼らが麗子にした淫行を聞かせてもらうことにします。

『うふっ、そんなところも(元上司と)一緒だわ(笑)

二人ともオッパイ星人だから、私の大きなバストで(肉棒を)挟んであげると感激して喜んでたわ。

彼氏は風俗(店)で遊ばないから私に初めてされて、上司は奥様のオッパイが小さいらしくてしたことないって・・。』

麗子は鏡に向かって立つ夏夫を振り返らせては床に跪き、ブラジャーを脱ぎすてると二人にしてあげたパイズリを再現してくれました。

・・してあげたと過去形は上司には当てはまるも、彼氏は現役続行中なので進行形になりますが、ややこしい話も大目に聞くことにします。

彼らが麗子にした淫行に切り替えると・・。

『結局したことは同じだから、夏夫は麗子が二人にされたと思って二倍興奮してっ(笑)

二人ともクンニが好きで私が逝くまで許してくれなくて、オチンチンを挿れてもらうまで何回も・・。』

ここでベッドに移動すると、嫉妬プレイは延々に・・。

★ ★ ★

『舐めながらでも聞けるでしょ?』

そう言ってはパンティも自ら脱ぎすてると、ガーターベルトにスト姿で夏夫の顔を跨ぎます。

『はぁ、気持ちいい・・言っておくけど、夏夫の舌が一番エッチで一番上手よ。

それに・・お尻の穴(アナル)を舐めてくれるのは夏夫だけだし・・。』

ありがとう(笑)

『彼氏にバック(後背位)で姦られたって言えば、上司にも四つん這いにされて・・同じように声を出せって、それも上司相手なのに彼氏の名前を呼ばされて興奮してた。

一度だけ他の部屋が空いてなくてSMルームに行ったことがあって、それを(上司に)言ったら俺も麗子を苛めたいって・・。

上司とはSMルームじゃなかったけど、いつドコで買ってきたのか目隠しされて手錠をハメられて悪戯されたわ(汗)

彼氏にはホテルの診察台に裸で寝かされて悪戯されたけど、面倒臭いから目隠しされて手錠をハメられたことに・・上司に嘘ついたのは、あれくらいかしら(笑)』

「麗子も興奮したのか?」

『あれで興奮しない人は居ないわ、二人とも私が抵抗出来ないのをいいことに裸を弄り回すんだもん(汗)

でも二人とも余り(SMプレイには)興味ないみたいで、一度ずつ経験しただけ・・私は少し興味あったけど・・。』

「そのうち俺が苛めてあげるよ。」

『本当っ、是非ぜひ・・。

エッチな話をしながら(オマンコを)舐められるって興奮する・・あぁーん、夏夫・・逝ってもいい?』

嫉妬プレイで夏夫を興奮させるつもりが、麗子が興奮すると顔を跨いだまま小刻みに痙攣させてアクメを迎えます。

長文につき麗子のセリフに些か正確性は欠けますが、大きな誤りはないと思いますのでお許しください(汗)

★ ★ ★

最後に彼氏とはなく上司とだけ経験した一番エロいと思ったのは、夏夫と久美も楽しんだことのある〝痴漢プレイ〟だったとか・・。

二人のオフは平日ということでラッシュ時を狙い通勤電車に乗ると、約一時間を掛けて山手線を一周したと言います。

いま思い出すとバカなことをしたと後悔もあるようですが、上司に言われて膝丈ではあるものソフトな素材(麗子は違う表現をしましたが思い出せなく、まさかエログに書くから何て言ったかも聞けなくて・・汗)のワンピースを着て乗ったそうです。

パンティは穿いてたものノーブラで来いと言われ、パンストも穿かずに生脚だったのは直のタッチに近いからとか・・。

久美のようにパンティに触れたり手を入れるまではなかったようですが、揉みくちゃにされる麗子を守るように向い合わせでかばうフリして身体を擦りつけて楽しんだとカミングアウト!

上司の勃起した肉棒が下腹部にあたり、電車を降りたときはパンティを濡らしラブホに急いだと言います。

これで夏夫の麗子を見る目は変わり、これからは気をつかうことなくマニアックな遊びをすると決めました(苦笑)

上司ではなく彼氏も嫉妬プレイが好きなら、夏夫が嫉妬ネタを幾らでも作るのに・・(^^;;

★ ★ ★

気づけばランチも摂らずにSEXすると、お互いの身体に満腹感があったから二人の充実した一日でした。

洋服を着ようとするたびガーターベルト姿を見ては、何度もキリなく襲い掛かってしまい一時間以上の延長することに・・。

まだ若い麗子ですが高島礼子に似た彼女は全身がフェロモンの塊で、しかも淫らなOLと改めて知り惚れ直します(汗)

ショールームを訪れるクライアントとは寝てないというのは本当のことも、上司と不倫・・しかも彼氏が居ながら同時進行とは、将来は他人妻となった時の麗子が楽しみになりました。


今日は〝死のロード〟も終盤となる金曜日、久美の紐パンティが好きだったという元カレに妬きますか(笑)



  1. 2017/09/22(金) 10:26:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

死のロード、キツい一週間の始まりです(汗)

マニアックな遊びも美人妻と楽しむには限度があり、近く麗子と企画している〝嫉妬プレイ〟や淑子と楽しんだ〝挑発プレイ〟は生涯NGでしょう。

夫婦円満の秘訣は互いに嫉妬しない、させないです。

また妻の美貌は皆様と分かち合っても、ヌードは勿論のことパンチラでさえも独り占めにしたい夏夫ですから・・(汗)

そんなことの反動から妻と出来ないプレイを他の美女と楽しむのは、浮気にありがちなことだと御理解頂けるかと思います。

これが久美となれば話は違ってパンチラも共有することで、このエロい女は俺のオンナと自慢したくなるもの(苦笑)

淑子とて裸にならなければ井川遥に似たセクシー美女、彼女の挑発に(SEXを)遠慮すると言うオトコは皆無でしょう。

淑子を送ってから、そんなことを考えて帰ってきた夏夫です。

★ ★ ★

この三連休も一切の手抜きもなく、美人妻を満足させてあげることに努めました。

他人に挑発はNGでも夏夫にはウェルカム、普通の主婦では考えられないでしょうが、妻は自宅でもジャージ姿のような色気のない装いを見たことありません。

連休初日の土曜日は午後に実家から帰ってくると、ロングなフレアスカートをタイトミニに穿き替えパンチラのサービス!

日曜日など些か色気に欠けるデニミニがせいぜい妻の普段着で、パールホワイトのTバックを穿いたヒップを振って部屋をモンローウォークで歩きます。

昨日の連休最終日は黒いシースルーTバックだけを穿き、真っ赤なエプロンをつけた姿でキッチンに立ち悩殺されました(汗)

幾ら暑いからと、朝から〝裸にエプロン〟とは朝勃ちが継続します!

『久しぶりに晴れたから、みんな洗濯しちゃって・・(^^;;』

妻の洋服はブティックを開業出来るほどストックがあり、洗濯したからと理由にならないと挑発としか思えません(苦笑)

しかも台風を心配して日曜日の内にケータリングのピザを予約オーダーしてたから、夏夫の手抜きは許されないも妻はサラダを作っただけなのに〝裸にエプロン〟とは・・( ̄◇ ̄;)

★ ★ ★

こうした挑発で楽しませてくれる美人妻に感謝すると、まんまと作戦に引っ掛かり肉棒も張り切ってしまいます。

洗い物も少なく片づけ終わるも水道の水は出しっ放しでボーっとしてると、夏夫が背後から強襲するのを待っていると分かりました(苦笑)

夏夫は部屋着の短パンを下ろすと妻の背後に立ち、ビキニ越しに肉棒をヒップのワレメに押しつけグリグリ・・。

首の後ろでエプロンのリボンを解くと、Fカップの美巨乳に手を伸ばし立ったままで愛撫をしてあげます。

自慢出来るほど広い部屋ではないので寝室まで僅かな距離も、キッチンSEXを楽しむ淫らな夫婦でした(笑)

妻がキッチンの床に跪くと仁王立ちのパイズリをしてから、ピザは残したもの肉棒は綺麗に食べ尽くします。

週末になるとエロエロ(色々)と楽しませてくれる妻で、今日は元気がないと言われたことの記憶がありません(苦笑)

誰か止めないと黙ってたら妻は肉棒を咥えっ放し、ピザより美味しそうに頬張ってました。

★ ★ ★

このあとはバトルの会場を寝室に移し、定番中の定番プレイで妻を何度も逝かせてあげます。

内容は皆様が御察しの通りということでカットしますが、昨日の妻はジェネレーションギャップを感じるほど疲れ知らずの貪欲となり、激しいバトルは日没まで繰り広げられました(汗)

今週は火曜日スタートとなり無休で美女らに奉仕することになりますが、この〝死のロード〟は週末まで続くことに・・。

そんなことで今日は由香里にマッサージを甘える予定で、アロマオイルの調合をリクエストしてあります。




  1. 2017/09/19(火) 08:11:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

夏夫

Author:夏夫
性別:肉食系♂(笑)
趣味:SEX
仕事:CEO
婚歴:バツ2
好きなもの:妻とSEX
嫌いなもの:高所恐怖症
性癖:第一臭を好む匂いフェチ
好きな体位:69、騎乗位、背面騎乗位、顔面騎乗位、バック
好きなプレイ:オーラル、SM、ハメ撮り、相互オナニー鑑賞
女性の趣味:熟女、人妻、お水、セクシー系
苦手な女性:AKB、メイドカフェ系、ブリッ子

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1506)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR