FC2ブログ

夏夫のエログ

SEX依存症ともいえる夏夫のノンフィクション日記です。

チョコより甘いラブジュース(笑)

バレンタインウィークは何かと忙しく、エロエロとレポートしたいことが・・(汗)

三連休明けのイヴは由香里、当日は耀子と過ごすと、木曜日は久しぶりに麗子とデートしました。

どちら様もメインのプレゼントは別腹で御馳走になり、チョコレートより甘いラブジュースを舐めさせてもらいます(笑)

そんなことで、今日は久しぶりに麗子のレポートを・・。

バレンタインデー当日、翌日とオフだった麗子は水曜日が本命の彼氏、木曜日は夏夫に義理チョコならない義理マンをプレゼント(苦笑)

この日は西新宿でランチしてから、歌舞伎町のラブホに・・。

早くもスプリングコートを着た麗子は、コートを脱ぐと黒いニットに赤い革のタイトミニ、黒いストとハイヒール姿に悩殺されました(汗)

★ ★ ★

レストランでチョコレートをプレゼントされると、手作りというから彼氏のついでと想像出来て妬けます(泣)

相変わらず上唇の裏を舐める仕草がエロいと指摘すると、自分では無意識だというから天性の色気でした。

高級手袋のようなラムスキンのタイトミニは、ピタっと張りついてヒップラインを誤魔化せません。

細身の黒いニットもGカップのバストを浮彫りにするから、全身目のやりどころに困ります(汗)

さっそくラブホに行くと夏夫はまだしも麗子まで悶々してると言うから、彼氏とのバレンタインSEXが不完全燃焼だったのでしょう。

『だって夏夫のエッチってマニアックなんだもん、彼氏には見せられないこと出来るし・・(照)』

あまりにセクシーな姿にスマホのカメラアプリを立ち上げると、嫌がるどころか撮影に協力的でエロいポーズを披露しては夏夫を悩殺しました。

ラブホならでは(ごめんなさい・・汗)のハイヒールを履いたまま、M字開脚でパンモロを見せつけられます。

ハミ毛にならないようヘアは処理されてはいるもの、パールホワイトの三角巾に淫肉がハミ出てるから・・(汗)

夏夫も麗子に向かい合うように屈むと、三角巾に手を伸ばしパンティの上からワレメをなぞりました。

触れる前からウェットだったことをカミングアウト、ランチしながらラブホでの淫行を想像して濡らしてたと言います。

★ ★ ★

こんな麗子に遠慮はないと夏夫も鏡プレイを堂々リクエスト、一人だけ全裸にされて彼女は着衣のままパウダールームに歩きました。

『うふっ、お気に入りのようねっ(笑)』

そう言っては夏夫の背後に立って手を伸ばすと、鏡越しに目を合わせ肉棒を手コキされます。

『カチカチ・・恥ずかしくないの?』

恥ずかしくさせておいてそんなことを言うとは、無責任というか意地悪なオンナじゃありませんか(汗)

夏夫からリクエストしたこともあり鏡プレイに時間を掛けると、丹念に手コキされ亀頭マッサージに我慢汁が溢れます。

麗子は股間を閉じることなくM字開脚で鏡に垂直に屈むと、鈴口を舌先で擽っては裏筋を舐め回し他人棒を咥えました。

片手で他人棒を握っては、もう片方の手で自らニットを捲り、ブラジャーのホックを夏夫に外させます。

下から夏夫を見上げては笑みを浮かべ、ロケット型のバストを露わにしては乳首で鈴口を弄びました。

★ ★ ★

セクシーな着衣も見応えがある麗子ですが、バストを見てしまってはヌードを拝みたくなります。

夏夫は全裸でベッドに上がると、麗子はニット▶︎タイトミニの順でストリップ。

黒ストとパールホワイトのTバックだけを穿いてベッドイン、Gカップのバストを揺らして淫肉はハミ出したままの姿でベッドに・・。

自ら最後の一枚を脱ぎすてると裏返し、淫汁の染みを見つけては夏夫の鼻に押しつけました(汗)

『好きでしょ(笑)

でも・・直に嗅いで欲しい(照)』

夏夫も遠慮しなければ麗子も堂々顔面騎乗位のクンニを強請り、黒ストだけとなって顔を跨ぎます。

ここからは皆様の想像通りだからカットしますが、麗子は悶々してたと言うだけあり肉食女子に・・。

背面騎乗位では夏夫の脛を握りM字開脚でヒップを上げ下げ、首を持ち上げ麗子のアナルと結合部を覗き興奮させられました!

自然な流れで69となり麗子は他人棒をフェラチオ、夏夫は彼女のアナルとオマンコを舐めてあげます。

★ ★ ★

久しぶりと言えば、クライアントの役員を務める美奈子からもチョコレートが会社に届いていたから・・。

井上和香に似た美奈子の肉感的ボディが堪らないことを思い出すも、オトナな彼女には(浮気が)本気になりそうで怖いと距離を置かれてきました。

あの肉厚な唇、キャビンアテンダント時代はスレンダーだったも、デブとは違った熟れた身体を思い出すだけで勃起します。

オリンピック年(うるう年)でない限りバレンタインとホワイトデーは同じ曜日、今年ラッキーな美女は耀子となりましょう。

ホワイトデー熱がホットなのはせいぜい三日以内、身体で御返し出来る美女は限られるだけにスケジュールを組むのには苦労します(汗)

あくまで本命は妻ですが・・♡



PS:人妻となった某元モーグル女子、不謹慎にも五輪解説を見るたび、フェラチオする時に触れるストレートヘアが気持ちよさそうで・・。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2018/02/17(土) 07:28:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

充実した夫婦性活!

連休初日の土曜日、週末というのに掟破りな淑子メールをキャッチ(汗)

何でも電車に乗って痴漢に遭ったらしいのですが、巧みな触れ方に濡らすも二駅で逃げられ悔しいとか・・。

淑子が悔しいのは痴漢を捕まえられなかったことではなく、もっと長く触られたかったというから呆れました(苦笑)

『(前略)最初はお尻に固いモノが当たって、気のせいかも知れないけど鼻息を荒くしてたわ。

朝からこんなカチカチにして、仕事にならないんじゃないのって余計な心配しちゃったわよ。

(中略)次の駅で大勢の乗降りがあって振り向くと、爽やかなイケメン君だけど私と目を合わそうとしないじゃない。

私からアソコを彼に押しつけたら、ものすごいラッシュで後ろから押されて彼の手が挟まって抜けなくなったの。

スカートを捲られても良かったのに、彼はトボけたまま手を抜くふりして動かすから痴漢じゃないアピールとわかったわ。

(中略)あと10分も乗ってたらイケたのに、彼は二駅で逃げるようにして降りちゃうんだもん。』⬅︎原文のまま一部抜粋

痴漢は犯罪です!

あくまで淫乱の女帝という淑子の感想なので、皆様は絶対に淑子以外の女性を痴漢しないでくださいませ(笑)

こうして不完全燃焼となった淑子で、このあとは痴漢のピンチヒッターに夏夫を指名してきました。

これから三連休だということで、スケジュールの調整を図る余裕もなくパスします!

★ ★ ★

もっと早くメールを送ってくれたら、ヒントになって久しぶりに久美と痴漢プレイをしたのに残念っ(泣)

聞いてもないのに淑子は痴漢に濡らしたようで、置いてきぼりにされたことがショックで呆然となったとか・・(><)

そんな淑子の話に夏夫は合法的な痴漢がしたくなると、決して肉棒の回復が目的ではなく美人妻の身体を隈なく撫で回したくなりました。

普段はナチュラルメイクの妻ですが、気分やコスチュームによって濃淡つけて夏夫の目を楽しませてくれます。

化粧(ファンデーション)のノリがよいオンナが好きな夏夫は、妻には化ける必要のない濃いメイクも嫌いじゃありません。

パートナーの全員とは言いませんが、一目惚れして自力で姦った女性は化粧のノリがよいです。

妻の他には久美、結衣、麗子、綾子、番外でヴィクトリアあたりは化粧のノリがバッチリな美女でしょう。

先日の美也子などナースという仕事柄ナチュラルメイクですが、デートとなると吉瀬美智子がもしキャバ嬢だったら・・とエロく変貌して見せてくれました。

ナルシストとも言える妻は街を歩けば注目の的となり、たかが近所のコンビニに出掛けるにも完璧なメイクを施します(苦笑)

薄化粧の喪服フェチではありますが、そんな妻の帰宅が楽しみに・・(^ ^)

★ ★ ★

この日は肌のコンディションが良いと独り言を呟いては、自ら写真撮影を夏夫にリクエストすると何を思ったか勝手に和服姿を披露しました(汗)

和服といっても喪服でもなければ着物というより浴衣で、夏まで御蔵入りのはずが日の目を見ます。

エアコンの効きすぎる部屋は一気に夏へとワープすると、美人妻の妖艶な浴衣姿に肉棒が暴れ出しました!

浴衣の下は勿論ノーブラ、パンティは穿いてましたが黒基調の浴衣にパールホワイトのTバックが似合います。

先日の耀子同様、浴衣に似合うと髪をアップにすると頸のホクロがセクシーでした。

妻という贔屓はなくとも巨乳は浴衣に似合うから、セクシーショットの撮影は程々にして犯すことに・・。

我が家に和室がないと、リフォームする機会があったら畳の部屋も欲しくなります。

仕方なくベッドで楽しむと、セクシーショットにはだけたままの浴衣姿で仰向けに寝かせ帯を解きました。

淑子の痴漢体験メールに誘発されると、浴衣の前を広げた美人妻の美しすぎる裸体を撫で回します。

夫の手淫と舌戯に悶えては生脚の美脚を膝曲げ、大きすぎるFカップの美巨乳を揺らしました。

夏夫にそのつもりはないも、肉棒をオアズケにしての愛撫に妻は焦らしプレイとなりパンティに染みが広がります(汗)

浴衣の袖に華奢な腕は通したまま、パンティを片脚に引っ掛け全裸になるも、敷物となった浴衣が妖艶さを演出してました。

★ ★ ★

夫の執拗な愛撫に妻は何度もアクメを繰り返し、浴衣を淫汁で汚すほど濡らします。

正確には計ってませんが裕に一時間は超えての、肉棒は出番を待つ手淫と舌戯に狂う美人妻でした(汗)

『夏夫・・欲しいわ(泣)』

妻には淑子のように痴漢に濡れては困りますが、夏夫に撫で回され舐め回され濡らすのはウェルカムです!

自ら母乳を搾り出すようにしては乳首舐めを強請り、ゆっくり開脚してはクンニを強請りました。

クリトリスを舐められるのも大好きと正直に言う妻ですが、肉棒の他にも舌先を挿入しては掻き回されるのも好きな潤子です。

勿論アナルも・・。

女性ならではのウエストの縊れも自慢だけに、見せて魅せることに徹すると浴衣を脱ぎすて全裸の四つん這いになりました。

二本の手と十本の指、そして舌が持て余すことなく女体を隈なく這い回り、ただでさえ濡れやすい妻のオマンコは言い訳が出来ないほどビショビショです(汗)

自らの左手を後ろに回すと、夏夫の舌が届くまでアナルを弄りました。

真っ赤なマニキュアを施した爪で擽っては開閉を繰り返し、先を尖らせた舌をディープに呑み込みます。

寒いわけもないのに再び浴衣の袖に腕を通すと、夏夫を仰向けに寝かせ顔を跨ぎました。

何度逝ったことか顔面騎乗位のクンニでアクメを迎えては、オトコには考えられないエンドレスな女体の神秘・・夏夫の許可なくして、騎乗位で肉棒を呑み込みます!

★ ★ ★

連休二日目の日曜日は洗車に付き合い、そのまま都内をプチドライブ。

夏夫のクルマ以上に目立つ妻の美貌、信号待ちで先頭に止まろうものなら、車窓越しの視姦は免れないから・・。

そんなエロビームもキリがないと気にしない妻で、ハンドルを握らない夏夫の手を太腿にエスコートしては肉棒を撫でます。

『久しぶりに横浜行かない?』

横浜と言っても広く、この夫婦が中華街に辿り着くはずがないとラブホの看板に誘導されました(苦笑)

ガソリンスタンドに行くだけのつもりだけにコートも着ないと、普段着とはいえ身体にフィットしたVネックの黒いセーターと辛子色のタイトミニという装い。

ただでさえ目立つバストはサテンブラックのブラで寄せて上げると、天然ながら作り物のようなロケットで悩殺します。

セーターに透けると思って黒をチョイスしたも、ベストな選択は前日に穿いたパールホワイトと些か残念に思いました(泣)

それでも目的はSEXだから、洋服を脱がせば黒いランジェリーにガーターレスのストと不満はありません。

フェルトのような辛子色のタイトミニを脱いだところで背後から抱擁、オールブラックになると首を回して濃厚なキスで唾液を交換、光沢のある極小三角巾の中に手を侵入させクリトリスを弄りました。

『あぁーん、もう濡れてるから・・。』

言われなくても指先は無毛のワレメに滑ると、手の甲にパンティに染みついた愛液が触れて分かります(苦笑)

三角巾の奥で指先が奏でるピチャピチャという音が卑猥で、腰を引くから必然的に肉棒がヒップを突きました。

★ ★ ★

セーターを脱がすと窮屈そうなブラが大きな谷間を作り、悪戯に指を谷間に挟んでから背中のホックを外します。

夏夫も偶然ながら黒いビキニで、妻に脱がされると我慢汁の染みを見つけ笑みを浮かべました。

妻が跪いての仁王立ちのフェラチオを堪能してからベッドに上がり、前日同様に執拗な愛撫で全身を隈なく撫で回しては舌を這わせます。

パンティの片脚を抜きながら夏夫の顔を跨ぎ、まるで強制クンニするようにオマンコを押しつけました(汗)

今日は焦らされまいと後ろ手に肉棒を探しあて、身体をスライドさせてはオマンコにエスコート!

★ ★ ★

連休の最終日も夫婦性活に飽きない二人だから、オリンピックそっちのけで昼間から自宅でSEX!

ラブホで見たエロビデオの大声で泣き叫ぶ女優に刺激された妻は、隣人に聞かれないか心配になる70ホンで喘ぎました(汗)

夏夫の体位とプレイはワンパターンも妻の提案は絶えないと、これまたラブホのビデオをヒントに夏物セーラー服の上着だけでベッドイン。

リアルJKに変身すると、ガーターレスのストを濃紺ハイソに穿き替えての気合十分(苦笑)

熟女でもセーラー服に無理を感じさせないのは、美しすぎる奥様だからでしょう。

大したことない演出に思われましょうが、夏物セーラー服にリボンタイと白いTバックの透けパンティは、その昔見たビニ本を覗いてるようで興奮しました(汗)

プレイの合間に写真撮影したのは、言うまでもありません(苦笑)

連休明けの今朝は会社に顔を出し、午後は隠れ家に行って由香里を犯します!





  1. 2018/02/13(火) 09:44:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

健康が一番!

昨日はリアルナースの美也子と朝からラブホに直行、ニットでサーモンピンクのワンピースに白いストッキングは白衣の下を思わせる気づかいでしょうか(苦笑)

吉瀬美智子に似た美人ナースは一見清楚に見えるも、職業柄(失礼・・笑)か気の強いところもある美也子です。

『誘わなければ音信不通、誘っても長く待たせるから頭にきちゃう(怒)

今日は久しぶりなんだから、いっぱいサービスしてもらうわよ。』

膨れっ面の吉瀬美智子も素敵で、甘えたくもなり甘えさせたくもなるから不思議美女でした。

助手席に座ると他の美女から御多分に洩れることなく、ハンドルを握らない夏夫の手をスト脚の太腿にエスコート。

勿論パンストではないことが分かると指先にガーターベルトが触れたから、美也子は夏夫と顔を見合わせ意味深な笑みを浮かべます。

「気合いが入ってるな(笑)」

『そりゃそうよ、どれだけ待たされたと思ってるの?』

しつこく放置プレイを恨んでました(汗)

夏夫の手が股間に到達すると極小と思われる三角巾に触れ、覗き込もうとするとラブホに着いてからの楽しみと色は不明のままです。

少なくとも、ノーパンでないことは分かりましたが・・(苦笑)

★ ★ ★

チェックインするなり美也子を抱擁、久しぶり(美也子とは・・汗)のキスは貪るようにして舌を絡ませてきました。

ワンピースの裾を捲りヒップを撫でるも逃げ腰、早く愛撫されたいはずなのに焦らすつもりか・・´д` ;

『待って・・準備するから・・。』

まさかパンティを穿き替えるとでもいうのか、何の準備をするのか頭の中をハテナが飛び交います。

抱擁から逃れると逢った時から気になってた、決して昨日の装いに似合わない体裁が良いとは言えない、ナイロンの巾着(某スポーツ店のロゴ入り)を持ってパウダールームではなくトイレに逃げ込みました。

もしかして生理にでも・・?(泣)

そんなことで挫ける夏夫ではないと流血戦は望むところ、ましてやラブホ(ごめんなさい・・汗)ならと未遂で帰すわけにはいきません。

夏夫の想像は的中しないと、何と美也子はナースの白衣姿で出て来るじゃありませんか!

『急にデートしてくれるって言うから、来る前に友達(同僚ナース)に連絡してロッカーから持ってきてもらったわ。

クリーニングは病院で頼むけど、汚したから自分で出すって無理な言い訳してお願いしたのよ(汗)』

ここまでするかと疑う方も居ることでしょうが、これが夏夫のパートナーとなると本当なんです(苦笑)

もっとも同僚には美也子の白衣を見て、汚れてないけどと言われたというから・・。

★ ★ ★

美人ナースの白衣姿に悩殺されると痛いほど肉棒がいきり勃ち、それを見た美也子に下半身を診察されました。

『あらあら心配する必要はないぐらい元気じゃない、どれどれ看護師さんに見せてごらんなさい(笑)』

ナースシューズこそ用意されてませんでしたが、非番とあり白いストッキングに透けた真っ赤なペディキュアがエロです。

白づくめに真っ赤なルージュとマニキュアにペディキュア、非現実的ではあるもリアルナースだから堪りません。

夏夫のビキニを脱がすと肉棒を軽く手コキしてから、我慢汁の溢れ出た鈴口をチロっと舐め糸を引いて弄びました。

邪魔とばかりに肉棒を下腹部にあてるよう退けると、陰嚢の皺を伸ばすようにして舌を這わせます。

清楚な美人ナースがナースキャップを被ったフェラ顔はエロく、妻に吸い取られてなければ暴発してしまったことでしょう。

車内では出し惜しみしたパンティはパールホワイトのTバックで、ラブホでは白衣を乱して惜しみなく見せつけました。

白衣にガーターベルトとは夏夫だけならないドクターや患者の夢、ましてや美形ナースの美也子となれば・・。

★ ★ ★

『私も・・(照)』

先手必勝のフェラチオをしてくれたのは見返りを期待してか、自らパンティを片脚に引っ掛けると白衣の裾を捲り夏夫の顔を跨ぎます。

半開きのリップから下の前歯を覗かせ、涼しげな目を閉じては苦悶の表情を浮かべてました。

本人はコンプレックスという太腿の内側にあるハート形(夏夫には、そう見える)のホクロを寄り目で覗き、舌先で陰唇を剥がすとクリトリスを弾くように舐めます。

『気持ち良すぎて、おかしくなりそう!』

そう泣き叫んでは自ら上半身を剥き出してはブラを持ち上げ、微乳(≒ 80cm)の愛撫を強請りました。

両手の使えなくなった夏夫を手伝い、バストを揉まれながら夏夫の顔が隠れないよう自ら白衣をたくし上げます。

睨むような目つきでクンニの様子を覗き込んでは、羞恥心から目を背けて天井を見上げるを繰り返し喘いでました。

★ ★ ★

顔面騎乗位のクンニに満足すると、ベッドから下りて手をつきヒップを突き出します。

何をリクエストしたいかここは阿吽の呼吸で、夏夫が床に跪くとヒップを押し拡げアナルを舐めてあげました。

ナースだけあって衛生面に気をつかったつもり(オマンコ➡︎アナルの順番)でしょうが、このあとクンニをしないことはないから無意味です(苦笑)

患者なら前屈みの白衣姿はパンチラを期待してしまうも、パンティやオマンコどころか美人ナースのアナルまで見れる夏夫は幸せでした。

再びベッドに上がると、想定内でありながらサプライズなプレイが・・。

白衣の乱れたままの美也子は白ストの美脚を伸ばし、両足で肉棒を挟むと足コキします(汗)

白ストに透けた真っ赤なペディキュアがエロく、どこで覚えたのか器用に足コキしてはオマンコを見せつけました。

夏夫の反応に満足すると起き上がり、騎乗位で跨いでは肉棒を深く呑み込みます。

もし美也子が入院患者に恋したなら、病室のベッドでもと思うと妄想に嫉妬してしまいました(泣)

★ ★ ★

まだまだ書き足りないのですが、今朝は寝坊してしまい会社まで約1kmです(汗)

万が一夏夫が入院することになったら、美也子の勤める病院を選ぶことになりましょう。

つまり静香の夫Fが入院してる病院で、毎日のように美也子に回診してもらい静香に見舞いされるというハーレムの入院性活です(笑)

冗談はさておき健康一番、役勃たずにならないことを願ってますが・・(苦笑)





  1. 2018/02/10(土) 17:19:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんちゃってレイプ(汗)

昨日の久美はリクエストに応えると、パンストならではの理由(ウエルトを気にしなくていい)からマイクロミニにブーツ姿で出社です。

スーツをリクエストしたつもりも、そこまでスカートが短いのは夏物になるとミニスカブーツで我慢してと・・。

ショートダウンの下は黒いニットに伸縮性のあるパツパツで真っ白なタイトミニ、ベージュのパンストに踵がピンヒールという黒いロングブーツでした。

椅子に座るエロ社長を弄ぶかのように妖しげな笑みを浮かべ、擦り寄ると黙って太腿を撫でられてました。

『パンストだけどいいの?(笑)』

勿論夏夫のリクエストだから許すも久美は元彼を思い出したのか、許した覚えはないハーフバックでローズピンクの紐パンティを穿いてます。

会社ではパンチラの挑発で我慢して、アフター6はサラリーマンらの視姦を期待して居酒屋に急ぎました。

ミニスカブーツが嫌いなオトコは居ないはず。

しかも夏目三久に似たOLとなれば、視姦のターゲットは免れることなくサラリーマンのエロい視線を集めます。

視姦に興奮する久美です、オマンコを濡らしてないはずがありません。

カラスミを箸で摘む前屈みになった久美に〝濡らしているんじゃないのか?〟と耳打ちすると、恥じらうようにコクリと頷きました(苦笑)

★ ★ ★

ブーツを履いたまま犯したいとマンションというわけにはいかず、野外は寒くラブホを利用するのが賢明な選択となります。

もう一つの選択肢を提案してきたのは、ヤり盛りの久美でした。

『会社は・・(照)』

秘書もOLには違いないと、会社のオフィスは絶好のシチュエーションと夏夫も納得します。

既に社員は退社して誰もいない会社に忍び込むと、ベッドにもなるソファがある応接室と社長室のエアコンを強風にしてスイッチオン。

まずは座り慣れた社長室で淫行となりタイトミニを捲ってはパンチラ、淫秘書の挑発はそれだけでは済まないとパンスト越しに股間をデスクの角に擦りつけました(汗)

「エロいな。」

『エッチな秘書は好きでしょ、夏夫の(肉棒)も見せてっ・・(照)』

夏夫が肉棒をビキニから取り出しオナニーして見せると、久美は泣きそうな顔をして角オナニーを披露。

相互オナニー鑑賞を楽しむも愛撫に飢える二人で、エアコンで暖まった応接室に移動します。

★ ★ ★

視姦と角オナニーでパンティを汚すも、パンストを脱がすことなく手淫を楽しみました。

ソファに座らせると自ら開脚、ベージュのパンストに透けたローズピンクの紐パンティを覗くのは夏夫には新鮮に映ります。

やはりブーツの踵もピンヒールに限り、不思議と潜在的に持ち合わせる夏夫のMっ気が騒ぎました(苦笑)

ここはツンデレな久美だけにM男になるわけにはいかないと、せめてもと考えたプレイは・・。

ソファベッドにオットマンを繋げると、夏夫が膝を曲げ仰向けに寝ます。

パンチラを覗くだけで満足しない夏夫を知る久美はムダな動きをしないと、パンストを穿いたまま夏夫の顔にヒップというより股間を押しつけます。

これまたパンストを穿いたままの顔面騎乗位とは新鮮で、籠もった淫臭を嗅ぐのは興奮してしまいました。

『これ以上、変なこと教えないで・・。』

・・ということは、これ以上エロいことを教えたらどうなると言うのか興味があります(苦笑)

パンティを舐めることはあってもパンストを舐めることは稀で、この場合は淫臭を楽しむしかありません。

他人が見たら夏夫の体勢もマヌケなら久美の格好も滑稽でしょうが、当の二人は興奮の最中で鼻息を荒げるだけ・・(汗)

これで我慢出来なくなったのは久美で、パンスト越しの股間を夏夫の鼻にグリグリ押しつけては脱ぎたいと言いだしました。

許す間もなく自らパンストを膝まで下ろすと、パンティの紐を片方だけ解きます。

夏夫が起きてソファに座ると久美はスカートをたくし上げ、ブーツを履いたままパンストを下ろしたヒップを突き出しました。

ハーフバックだけにヒップのワレメがハミ出すのも絶景なら、半脱ぎのパンストが太腿で丸まる姿も中々エロいから・・(汗)

★ ★ ★

パンティは一本の紐だけ結ばれたまま、だらしなく辛うじて引っ掛かっている状態です。

裏返ったパンティのクロッチ部分を覗いて見ると、夏夫の指摘で久美も染みを見つけ恥じらいました。

夏夫の鼻に押しつけたことで淫汁の染みは拡大され、まだホットなだけに湯気が立ち込めそうだから・・(汗)

パンティの染みは親指と人差し指ですくって糸引きを楽しみ、淫臭は直に嗅がせてもらいます。

着衣のままスカートをたくし上げたブーツ姿、オフィスで犯すOLの淫らな姿はマジに興奮させられました。

たまにはパンストも紐パンティも良いかもと、これから出逢う美女らにガーターレスとTバックを強要するのはやめようかなとも・・(苦笑)

ブーツを脱がない限りパンストは脱げないと、必然的に立ちバックで犯すことになります。

久美をソファに座らせ仁王立ちのフェラチオを堪能してから、肘掛けに手をつかせ背後から肉棒を挿れて犯しました。

まるで社内恋愛の二人が仕事帰りのラブホまで我慢出来ず、会社で淫らな行為を楽しむ光景とはこのようなものでしょう(笑)

大した距離ではありませんが、紐パンティは夏夫のポケットに仕舞うとパンストを直穿きで帰ります。

★ ★ ★

久美のマンションに着くと仕方なくブーツは脱ぐも、スカートだけを脱がしてパンスト越しに手淫とクンニを・・。

パンスト直穿きに覗くヘアも卑猥でしょうが、パイパンの直穿きもエロく興奮させられます。

ニットとパンストだけの姿もセクシー、最後は久美のリクエストでパンストを破ることになりました。

無理矢理レイプされてることを想像したのでしょうか、久美は普段余り口にしない言葉を使って喘ぎます(汗)

『イヤっ、やめて・・社長・・あぁーん、ダメよ(泣)』

その気になってる久美は社長と呼ぶから名演技、もし本当にやめたなら〝イヤっ、やめないで!〟と懇願したことでしょう(苦笑)


あくまで合意の上でのレイプです、皆様も奥様や彼女と楽しむだけにして犯罪を犯さないよう願います!
  1. 2018/02/10(土) 07:21:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熟女ならでは・・

昨日は木曜日で禁欲日だったはずとお気づきの方も居るかと思いますが、仕事の諸事情により今週は由香里が水曜日、耀子が木曜日にリスケとなりました。




こうした偶然がノンフィクションを疑われるかも知れませんが、美也子の白づくめ、由香里の黒づくめのあと耀子の下着はホワイト✖︎ブラックでした(汗)

美人ママを目当てに耀子の店(クラブ)に通う御常連も多く、本気で口説くオトコも相変わらず少なくないようです。

耀子が言うには先週のこと、来店二度目という某IT企業の役員に愛人となるようガチで迫られたとか・・。

とても女性にモテるとは思えない29才の青年は、麗子の勤めるライバル会社が取り扱う超高級車を乗り回すバブリーなオトコと言います。

六本木ヒルズなどダサいと豪語しては、世田谷ナンバーをつけていることが自慢らしいから羨ましい・・いやいや、そんな貴方がダサいと思ったという耀子でした。

それにしても29才とは耀子の一回り以上も年下だから、美人ママは本気に受け止めません。

カネが趣味という女の子(ホステス)に任せ、冗談とはいえ何もかも吸い取ってあげなさいとアドバイスしたと言うから無責任です(苦笑)

『ああいうオトコはエッチも下手で、包茎に決まってるわ(笑)

間違って一度でも抱かれたりしたら、ストーカーとなって一生追いかけ回されることになりそうで怖い!』

イメージとはいえ何を根拠に・・( ̄▽ ̄;)

ケチョンケチョンに言う耀子ですが、低俗なキャバ嬢ならカネに目がくらみ股を開きましょう(苦笑)

★ ★ ★

夏夫の嫉妬は、この辺にして・・。

昨日の耀子は髪をアップにして朝から完璧なメイクを施すと、お水を地で行く店で着てそうな黒いロングドレスに大玉パールのネックレス。

何らかの理由で着なくなったコスチュームが、夏夫への〝オモテナシ〟に利用されることが多々あります。

大胆なのは肩や背中を出すだけでなく、両サイドに大きく切れ込むスリットから美脚を覗かせてました。

これで由香里のようにハイヒールを履いたら堪りませんが、黒ストに透けるペディキュアを見るのも興奮する夏夫です(汗)

気がつけば他人棒を取り出され、先週夏夫が喜んだのを思い出してか、亀頭マッサージしながら一週間の出来事を報告してました。

他人棒に話し掛けるように・・(^^;;

このドレスを店で着たときはパンスト着用も、夏夫の前では勿論ガーターレスの黒い極薄ストを穿きます。

亀頭マッサージされながら夏夫はスト脚をナデナデ、交差する耀子の手が邪魔も手淫を止めて欲しくありません(汗)

耀子の世間話など上の空、スリットを割って裾を捲っては本日の勝負下着を覗きました。

ノーブラでなかったのは新調した下着を披露したかったようで、結論を先に言うと前述の通り白✖︎黒のランジェリーです。

ブラジャーはバストを包み込むカップが黒で背中に回るベルト部分が真っ白、パンティはフロントの三角巾が黒でTの部分が白という魅せる下着でした。

分かりづらくて、スミマセン(汗)

★ ★ ★

美人ママのオモテナシは亀頭マッサージで始まり、鈴口に溢れる我慢汁を舌先でチロチロしてから咥えられます。

我慢汁で汚した口まわりを手で拭うと笑みを浮かべ、ゆっくり立ち上がり腰を振ってロングドレスを床に落としました。

耀子を口説いた若者が見たら、あっという間に暴発してしまうであろう美人ママの妖艶な下着姿です。

前から見れば黒、背後から見れば白と二度美味しい下着姿に悩殺(汗)

更に気づいたときは夏夫が全裸にされ、耀子の差し出した華奢な手を軽く繋いで寝室にエスコートされました。

先にベッドに上がった耀子は四つん這いで挑発ポーズ、無口になってはTバックの食い込むヒップを高々と突き出します。

自らの手で〝T〟をズラしてはアナルを見せつけ、夏夫は猪突猛進の如く美人ママのヒップに顔を埋めました!

アナル臭を深呼吸するようにして嗅いでから、白い肌に染まるピンク色した菊の花びらを一枚ずつ丁寧に舐めます。

『あぁーん、恥ずかしい(泣)』

自分から見せておいて恥ずかしいとは勝手で、初めての頃は手で隠したも今では堂々開閉を繰り返すようになりました(苦笑)

耀子のズラしたTバックを左手の親指で押さえ、パンティを穿かせたままのアナル舐めも興奮します。

★ ★ ★

舌戯をしながら耀子の背中に手を伸ばしブラのホックを外すと、振り返っては夏夫を仰向けに寝かせ、パンティを脱ぎすて顔を跨ぎました。

閲覧者様には退屈なレポートになりましょうが、夏夫のエログはノンフィクションでもあり定番の顔面騎乗位は飽きません(苦笑)

髪を振り乱してクンニに喘ぐ姿も堪りませんが、髪をアップにしたことで悶絶の表情がよく見えます。

鶴田真由に似た清楚にも見える美人ママがパイパンなのは、長く勤める一部の女の子と夏夫だけでした。

騎乗位(顔面騎乗位を含む)で下から眺める表情は、何度も言うように女性の一番セクシーでもあり美しい顔です!

もっともパイパンの女性からすれば、舌の動きが覗けるクンニするオトコの顔が一番エロく見えるでしょうけど・・(笑)

アナル臭とは微妙に違うオマンコ臭を堪能してから、美人ママはバストを揉む夏夫の手を押さえながら裸体をスライド。

勝手知った互いの身体で、手を使うことなく騎乗位で他人棒を呑み込みました。

ここは熟女の本領を発揮するとSEXを覚えたてのオンナとは違って、高速騎乗位とでも言いましょうか上半身は最小限の動きにとめ腰をクイッククイック。

これは妻や結衣といった熟女の得意技ですが、最近では久美も上手になって夏夫の射精を早めます。

「最高だ、耀子、愛してるよ(汗)」

あまりの気持ちよさに愛情の表現を口走ってしまうと、美人ママも他人棒を挿れたまま腰を振り・・。

『ううん、私の方が愛してるわ・・あぁ夏夫、凄い・・耀子の中で大きくなってパンパンよ、これがないと私・・あっ、あぁ逝く・・(泣)』

夏夫は美女がアクメを迎えるのを確認してから一瞬の時間差を図るも、昨日はそんな余裕もなく同時に果てました(汗)

★ ★ ★

早くも今日は金曜日、今度の月曜日は建国記念日の振替休日となることで、今日の久美は激しそうです(汗)

このエログを投稿したあと、まだ出勤前の久美にメールしてスーツにブーツという装いをリクエストする予定。

先々週は積雪のあった東京ですが、場所と種類によっては桜が咲いたとか・・。

同じハイヒールでもミニスカブーツも見納めが近づいたかと思うと、今の内に見ておこうと思ってしまいました(苦笑)

しかも何があったわけでもないのに、今日は何故かガーターレスではなくパンストを穿いたOLを犯したい気分です。

なんのこっちゃ(笑)




  1. 2018/02/09(金) 08:41:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

夏夫

Author:夏夫
性別:肉食系♂(笑)
趣味:SEX
仕事:CEO
婚歴:バツ2
好きなもの:妻とSEX
嫌いなもの:高所恐怖症
性癖:第一臭を好む匂いフェチ
好きな体位:69、騎乗位、背面騎乗位、顔面騎乗位、バック
好きなプレイ:オーラル、SM、ハメ撮り、相互オナニー鑑賞
女性の趣味:熟女、人妻、お水、セクシー系
苦手な女性:AKB、メイドカフェ系、ブリッ子

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1554)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR