FC2ブログ

夏夫のエログ

SEX依存症ともいえる夏夫のノンフィクション日記です。

美人ママはセラピスト(汗)

早くも夏バテです(泣)

暑いからと野外淫行したり、裸で過ごす時間が多いから夏風邪を引いたのか身体が重いかも・・。

結衣に精嚢タンクを空っぽにされて、身体は軽くなったはずですが(汗)

それでも懲りずに昨日はローテーションを守ると、燿子のマンションでオイルマッサージをお願いしました。

南国の気分を味わうのに燿子は施術着まで気づかい、真っ白なノースリーブのカットソーに、ブラウン系でエスニック柄のスリットが大胆なロングタイトに生脚です。

バルコニーのサマーベッドにバスタオルを敷いて、全裸の夏夫がうつ伏せになっての施術でした。

『ねー、変な格好じゃない(笑)』

美人セラピストのセクシーな姿に勃起するから、うつ伏せは肉棒が邪魔とヒップを突き出したから滑稽な姿に笑われます。

高層マンションに吹く風が心地よく、背中にアロマオイルを垂らされ燿子の華奢な指が滑りました。

★ ★ ★

裏腿を丹念にマッサージされるとプルプルして、筋肉の衰えが否めません(汗)

『さっきみたいに、腰を浮かせて四つん這いになってくださる(笑)』

他人が見たらマヌケな姿でしょうが、何かを期待して素直に四つん這いになる夏夫でした。

燿子の指が陰嚢に触れ〝蟻の門渡り〟を指圧、美人ママ・・いやいや美人セラピストは悪戯にアナルに指を挿れたから、性感マッサージとなります。

・・と思いきや、爪があたることもなければ指より柔らかい感触に気づきました。

背後の施術様子が見えないとアロマオイルは陰嚢まで、アナルを外すと燿子が舌を挿れてたのです!

「(恥ずかしい・・)」

さすがに声には出せませんでしたが、このときばかりは夏夫にアナルを舐められる美女らの気持ちが理解出来ました(汗)

舌先が離れるとアロマオイルがアナルに命中、爪先でアナルの皺を優しく引っ掻いてから、どの指か分かりませんが侵入してきて解します。

★ ★ ★

『(肉棒が)苦しかったでしょ、仰向けになりなさい。』

うつ伏せに寝ていると燿子の姿が見れませんでしたが、仰向けになると自分だけが全裸なのも恥ずかしいものでした(汗)

ピチピチのカットソーにノーブラの乳首が勃ち、スリットから覗く生脚の美脚が堪らなく思わず手を伸ばします。

健全な店ならNGでしょうが燿子は黙って太腿を撫でられ、小豆色のパンティを見せてのサービスに徹しました。

『ここが一番凝ってるわ・・凄い、カチカチ(笑)』

これまたオイルを垂らす前に、陰嚢に手を滑らせながら肉棒を咥えます。

燿子はオイルで手を汚すと夏夫にカットソーを脱がさせ、トップレスの姿で施術を続けました。

スリットを割って手を忍び込ませてはパンティの上からワレメをなぞり、(仰向けに寝る夏夫の横に燿子が居るため)片手しか使えないと燿子が覆い被さるようにしてバストを顔に押しつけます。

『サービス満点でしょ(笑)』

★ ★ ★

これだけでは終わらないサービス、アロマオイルで濡れ光る手が肉棒を握ってはトルネード。

麗子の鏡越しに手コキされたのには興奮しましたが、トップレスの美人ママと目を見つめ合っての手淫も堪りません(汗)

『ここ、凝りすぎ・・気持ちいい?』

鈴口からはアロマオイルとは明らかに違う我慢汁が溢れ、燿子は糸を引かせるようにして弄びます。

『欲しくなっちゃった・・(汗)』

部屋に入るにはオイルで濡れた身体と迷うも、よくあるスチールに塩ビのパイプベッドでは二人の体重に耐えられないでしょうが、燿子のバルコニーにあるのは夏夫が昨年に買った木製でした。

アロマオイルは無害とはいえオマンコがかぶれてはと、全裸の夏夫が燿子のオナニーに(ディルドやバイブに被せるのに)使うコンドームを取りに行きます。

夏夫が戻ると燿子はスカートを脱いで、バルコニーに身を隠してました(苦笑)

再び夏夫が仰向けに寝ると、燿子が肉棒にコンドームを被せ騎乗位で跨ぎます。

ここは地上より太陽に近い19階、燿子の影に変な日焼けするものなら他の美女らに何て言い訳したら・・(^^;;

勝負の結果は夏夫がウイナー、結衣に搾り取られたことで長持ちすると炎天下の下で燿子をKOしました。

★ ★ ★

部屋に入るとケータリングのピザを注文してから、二人でバスルームに飛び込み一緒にシャワーを浴びます。

ピザが届くまで50分の予定、身体を拭いて応対することを考えるとSEXするには中途半端な持ち時間でしょう。

それでも極薄とはいえ皮(スキン)一枚が気に召さなかったようで、燿子は自らの淫汁を拭うことなく夏夫の肉棒だけオイルを洗い流して背を向けました。

前戯もろくにしないでバスタブに手をつくと、立ちバックで犯します。

『ねっ、凄くない?(汗)』

肉棒の勃ちっぷりが凄いというのではないと、中々射精しない夏夫の持続力に驚く燿子でした(苦笑)

オナニーでもしたと言い訳しようと思ったとき、予定より10分ほど早くピザが届いたからラッキー!

燿子がバスルームを出ようとするから、夏夫は肉棒をハメたまま繋がるようにして追いかける姿は滑稽です(笑)

『バカっ(苦笑)』

照れながら慌てるとバスタオルで裸体を拭い、全裸の上にバスローブを羽織ってインターホンに出ました。

『夏夫ーっ、財布から5千円札を取るわよー。』

燿子は勿論持ち合わせがなかったわけではなく、ケータリングに来た男の子に視姦されオトコ(夏夫)が居ることをアピールしたようです。

鶴田真由に似た美女がバスローブ姿で応対すれば、余計な期待をしてしまうのは仕方のないこと。

しかもピザを受け取った燿子を見れば、慌てたからバスローブからバストの谷間が覗けてました。

★ ★ ★

二人で揃いのバスローブ姿で、ピザを頬張りワインを飲みます。

シャワーは夏夫だけしっかり肉棒を洗い流し、燿子は肉棒を抜いて愛液と淫臭は残したままでした。

ピザを食べるときの難点は、手を脂で汚すため身体に触れられません(泣)

燿子が熱い内に早く食べた方がいいと言うのは、早く次の行動(淫行)を楽しみたい理由からです(苦笑)

4/8カットを残して歯を磨き、手を洗うとベッドに誘われました。

『下着とストッキングは、どうする?』

このカップルは〝ヤり目〟だけにロマンチックな会話はなく、SEXする為の演出だけを気にする美人ママです(苦笑)

せっかくなので下着はつけずストッキングだけリクエストすると、たまにはと言ってナースが穿くような白いガーターレスを裸に穿きました。

★ ★ ★

とくに何のコスプレということもありませんが、最近伸ばしていた髪が邪魔と白いヘアバンドで額を出します。

白いヘアバンドと白いストッキングが色白の燿子に似合うと、理由は定かではありませんが不思議なことに興奮しました(汗)

燿子は仰向けに寝た夏夫を開脚させては正座すると、両手を遊ばせることなく陰嚢と肉棒を弄り咥えます。

ヘアバンドのおかげでフェラ顔がバッチリ覗け、清楚な顔立ちで肉棒を咥える姿は堪りません。

女性上位を好む夏夫はマグロとも言えましょうが、夏夫は勿論のこと燿子もフェラチオに満足すると顔面騎乗位で跨ぎました。

淫臭の残り香を嗅いでは新旧の淫汁を舐め回し、逆流を恐れなくてもいい射精をしてなかったことに安心(汗)

これで御役御免となったヘアバンドを脱ぎすて、夏夫と両手を組むと白いスト脚の膝を曲げM字開脚で腰を落とします。

腰を落としては跳ね上がりを繰り返し、カリ首の引っ掛かりを楽しんでは子宮をつくように・・。

★ ★ ★

白ストの膝をシーツにつくと、上下運動が前後・・時折〝の〟の字を描くような動きに変わりました。

『夏夫、イキそう・・。

また燿子だけ・・あっ、奥に届いて・・もうダメっ、イッちゃうわ(泣)』

視覚と聴覚、そして締まりのよいオマンコの感覚に夏夫も我慢の限界を迎えます。

「イクぞっ!」

夏夫には珍しく、掛け声をかけ射精を予告すると・・。

『いいわ、来てっ・・(泣)

燿子の中に・・あぁ、夏夫ーっ!

イク、イク・・イッちゃうー(泣)』

燿子のアクメに合わせるように夏夫も射精すると、脱力感から覆い被さる彼女のヒップに手を伸ばしアナルを弄りました。

肉棒は呑み込まれたまま、アナルを擽るとオマンコを締めつけます。

★ ★ ★

燿子の身支度が出来たところで店に送っていくと、ミッドタウンの近くで降ろすとき罪を感じてしまいました(汗)

更にポケットの中でスマホが震えると、久美か真子と想像はつきましたが・・。

ドタキャンした由香里を今日にリスケするか真子とデートするかは、今尚この時間も迷ってます(汗)


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2017/05/25(木) 08:16:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長編レポートにつき閲覧御注意(笑)

結衣とのレポートが今日になったのは、昨日は隠れ家訪問をドタキャンすることになるまで彼女と一緒に・・(汗)

さっそくレポートをお届けしましょう。

御主人が出張に出掛けたあとの結衣宅に迎えに行くと、予想通り一泊というのにガーメントケースにトランクと五日間の旅行が出来そうな荷物です。

夏夫のリクエストに応えた装いは、真っ白なボディコンシャスなワンピースにナチュストと白いハイヒール。

夏日に向日葵のアートなネイルにしようかと思ったらしいのですが、指先までフェチな夏夫の為に施したマニキュアは真っ赤です。

結衣宅といっても正確には近所のコンビニで待ち合わせ、人目に目立つなと言っても無理な美貌と色気だから・・(汗)

昨日の日差しに全身白づくめは眩しく、それ以上に結衣の美貌には目が眩みました。

荷物をトランクに積むときに覗いた腋を見て、フェチどころか変態呼ばわり覚悟で舐め回そうかと思ったぐらいです。

★ ★ ★

結衣に任せたから文句は言えないも、これがまた六本木にある某ホテルを予約されたから、下手に街を歩いて燿子に見つかったら大変なことになりましょう(汗)

六本木のホテルを選んだ理由は、モデル仲間が集まるカフェバーが近くにあり一緒に行きたいというから・・。

不倫相手を自分の仕事仲間、友人に堂々逢わせるという女心は理解に苦しみました。

その心は・・結衣のモデル仲間とは何度か面識もありましたが、彼女は夏夫とラブラブ継続中をアピールしたいようです。

可愛い人妻じゃありませんか(苦笑)

カフェバーの場所を聞けば六本木というより麻布十番に近く、タクシーでホテルに帰れば燿子に遭遇することもないと安心するしか・・。

★ ★ ★

結衣は気を利かせると12時のアーリーチェックイン(通常は15時とか・・)で手配、更に15時のレイトチェックアウトというからヤル気満々でした(苦笑)

これを聞いて夏夫もヤル気が出ると同時に由香里の顔が目に浮かび、結衣の目を盗んではタイミングを見計らいドタキャンのメールを送ります(汗)

27時間を〝魔性の女〟と過ごせば、夏夫でなくとも〝性の虜〟となり骨抜きになりましょう。

そんなことでホテルに直行すると車内でイチャイチャ、夏夫のハンドルを握らない手を太腿に置く結衣です。

とくに極端なミニ丈ではないワンピースの理由が分かると、ガーターベルトが触れました。

信号待ちで股間を覗くと白いガーターベルト、ワインレッドの極小三角巾を見て肉棒がぶつかりハンドル操作を邪魔します(苦笑)

(夏夫のエログはノンフィクションでしたが、誇張表現をお許しください)

『うふっ、見えた?

嬉しそう・・(笑)』

そう言ってはスト脚を閉じて夏夫の手を逃さないようにするから、指先が三角巾を絞るようにしてワレメに食い込ませました。

『待って、ワンピースが汚れちゃう。』

ワインレッドのパンティはヒップが細紐のGストリングスで、愛液が染み込む面積が小さくワンピースを濡らしてしまうと言います(汗)

慌てるようにして腰を浮かすと夏夫の手を払い除け、自らの手を股間に潜らせ三角巾を直す姿は滑稽でした。

『夏夫とデートするときは、フルバックのパンティじゃないとダメねっ(苦笑)』

★ ★ ★

ここは東京ミッドタウン、駅は六本木でも住所は赤坂で、燿子のアフターで待ち合わせに慣れた場所です。

アーリーチェックインを済ませると部屋に入るなり抱擁、ワンピースの裾を捲ってはGストの食い込み具合を確認してディープなキスを・・。

結衣の肘を曲げては腕を持ち上げ、フェチ丸出しで腋の窪みに舌を這わせました。

『擽ったいけど、気持ちいい・・。

あっ夏夫・・今日は、いっぱい愛されたいわ・・くぅ・・。』

窓際の柱に背中を押しつけてワンピースを脱がすと、ワインレッドのランジェリーにガーターベルトで吊ったスト姿に悩殺されます。

シティビューを背景に魔性の女の下着姿は絶景で、極小三角巾のパンティ(Gスト)はモザイク程度にしか無毛のワレメを隠せません。

柱に手をつかせると・・。

『夏夫・・カーテンを閉めないと見られちゃうわ(汗)』

容赦なく背中を押すようにしてヒップを突き出させると、アナルの径は細紐で隠せるはずがなく皺を見せます。

結衣の背後に跪いては両手で桃尻を押し拡げ、指は使わずにハミ出す皺を舌で擽りました。

『は、恥ずかしい・・(泣)』

窓の向こうから誰かに見られているからではなく、夏夫にアナルを見られて舐められていることが恥ずかしいと言う結衣です。

★ ★ ★

背中のホックを外してあげた結衣がゆっくり振り返ると、バストを隠す手を首の後ろで組ませました。

乳輪、乳首と舐め回し、左右の両腋に舌を這わせる夏夫の愛撫を大人しく受け入れます。

柱に凭れる結衣のパンティを下ろすと白いガーターベルトとナチュストだけで、股間を突き出すと自らの両手でオマンコを拡げました。

『前も・・お願い・・。』

ベッドにエスコートされないと無毛のオマンコを見せつけ挑発、立ちクンニを強請ります。

夏夫のクンニする様子を覗き込んでは、時折顎を突き出すようにして天井を見上げるのを繰り返してました。

『ずっと舐めて欲しい・・こんなに気持ちいいエッチは、夏夫としか体験出来ないから・・あっダメ、もっと・・ずっと舐めて欲しいの、あぁ・・(泣)』

ずっと舐めて欲しいと言っておきながらスト脚を震わせたと思えば、立ったままでアクメを迎えた美魔女です。

立ってられる力が尽きると夏夫をベッドに誘惑、仰向けに寝かされると肉棒を握っては陰嚢を舐め回しました。

陰嚢の皺を舌先で伸ばしては所謂〝蟻の門渡り〟を擽り、裏筋をツーっとなぞってはカリ首の縊れを丹念に・・。

フェラチオに満足したかと尋ねるような顔をしては、他人棒を優しく握ると騎乗位で夏夫を跨ぎます。

『挿れてもいい?』

夏夫が返事をする間もなく、結衣は腰を落として他人棒を呑み込みました。

まだ日没前でチェックインしてから二時間足らず、チェックアウトまで25時間はあると簡単には射精出来ません(汗)

そう計算するも夜に連射する方がキツいかもと思い、まずは一発抜かれてから回復を待つ方が賢明かと我慢をしないことにしました。

北川景子にソックリな美魔女の妖艶なガーター(ストッキング)姿です、夏夫が我慢出来ないことを皆様には御理解頂けることでしょう(汗)

夏夫の射精を確認した結衣は、他人棒を挿れたままで何度もオマンコを締めつけ一滴残さず絞り取りました。

覆い被さる他人妻の柔肌が心地よく、結衣じゃありませんがずっと(裸体を合わせていたい)と思いたくなります(苦笑)

★ ★ ★

一緒にシャワーを浴びるとボディソープを泡立てた手で肉棒を擦られ、またまた残り時間を計算することに・・。

『そうよねー女の身体とは仕組みが違うから仕方ないけど、咥えるだけならいいでしょ(汗)』

ボディソープをシャワーで洗い流しては跪き、結衣も計算したのかリップと肉棒に僅かな隙間を作って咥えました。

夏夫は一張羅のスーツに下着だけを着替えれば、結衣は黒いノースリーブのワンピースと黒ストに着替えて出掛けます。

新宿のラブホに行ったときホストクラブの看板に〝職業イケメン〟というキャッチコピーを見たことありますが、結衣は〝職業モデル〟というより〝職業・美しすぎる人妻〟と言いたくなります。

麻布十番に向かう結衣のルージュとマニキュアは真っ赤とアクセントを忘れないのは流石モデルで、ジュバーナ(麻布十番セレブのことらしい)と言っても信じてしまう着こなしの彼女でした。

デルモの男女問わず交わすハグの挨拶には妬けますが、夏夫も美人モデルにハグされるからイーブンと我慢しましょう(汗)

ポケットに忍ばせたスマホが震えると、真子が仕事を終えて帰宅途中と報告して来ました。

今日だけは要らないのに・・(汗)

結衣は弱いくせにシャンパンを飲むと、酔った様子で人前堂々と夏夫にチュッチュするから冷やかされます。

ネッキングに勢いあまり首に手を回されると、腋が夏夫の顔を直撃し反射的に舌を出したのは冗談ですがフェロモンを感じました。

★ ★ ★

白人の美人モデルに話し掛けられると・・。

『Where are you guys staying?』

オイオイ、結衣は人妻と知ってるのに泊まりを決めつけて言うのは、彼女が言いふらしたようです(汗)

『We will stay at the 〝Ritz-Carlton Hotel〟 , but do not disturb!(smile)』

そう答えては抱きつかれ、頬に真っ赤なキスマークをつけられたから店内はヒューヒューと・・(照)

これ以上飲ませたらSEXも出来なくなると心配になり、タクシーを呼んでもらうとホテルに向かいました。

まだ21時過ぎで燿子との遭遇も避けられると、何とか無事に部屋に帰ります(汗)

★ ★ ★

『夏夫がトイレに行ってるとき、皆んなに幸せそうだって言われたわ。

ジョンレノンみたいな白人の男性はカメラマンで、結衣は夏夫と一緒に居るときの笑顔が最高だって(照)

撮影のときは夏夫を呼んでもいいかって聞かれたから、一つ返事で〝of course〟って答えたわ。』

結衣の笑顔も素敵ですが、逝き顔も最高ですけど・・(苦笑)

昼間の白づくめとは対照的な、黒いノースリーブのワンピースに黒ストも妖艶です。

ガーターベルトこそつけてませんが、8デニールという極薄の黒ストが肉棒を奮い勃たせました。

気になる下着はパールホワイトのTバックで、ハイレグだけに無毛の淫肉が覗けるのが堪りません。

窓の外を見ると昼間とはまた違う夜景が綺麗で、同じ部屋でも違ったシチュエーションが楽しめそうです。

「少し散歩しないか?」

まさか賑やかな六本木で、ましてや燿子との遭遇を心配したら、この街で野外淫行は出来ません(汗)

しかも結衣は絶世の美女となれば華やかに目立ち過ぎるので、夜というのにサングラスを掛けさせ外出することにしました。

『こっちに行っても、何もないんじゃない?』

夏夫の目的が理解出来てないと、結衣には到底似合わない古びた雑居ビルの階段を上がります。

愛好家の皆様はもうお気づきのことでしょうが、ここは夏夫御用達でもあるSMショップ〝セビ◯ン〟でした。

小さな入口が怪しく結衣も気づくと、夏夫と腕を組む手に力が入り緊張しているのが分かりました。

『夏夫・・(汗)』

幸いにも他のお客さんは居ませんが、結衣ほどの美女を見たら愛好家には堪らなく視姦することでしょうから、サングラスは外せません。

余談ですが、妻と来たときもサングラスを着用させました。

★ ★ ★

見るもの全てに興味を示す結衣が、夏夫の腕を引っ張り立ち止まったのはバイブが陳列された場所。

肌色の特大ディルドを見つけて、か細い声で『こんな大きいの挿れるの?(汗)』と尋ねました(苦笑)

「欲しいか?」

『ううん、絶対ムリ・・壊れちゃうわ。』

夏夫の腕を掴んではモジモジする様子を見て、意地悪にトイレに行きたいのかと尋ねれば・・。

『違うの・・早くホテルに帰らない。』

「興奮してるのか?(苦笑)」

笑えたのは〝うん〟と頷きながら右手は夏夫の腕を掴み、左手で黒い血管の浮き出た吸盤つきのディルドを手に取り離しませんでした。

22時閉店ということもあり急ぐと、結衣の欲しがったブラックディルドとヴェネチアンマスクだけ買ってホテルに帰ります。

歩きながらも相変わらずモジモジする結衣は、六本木通りとホテルの間にある小径で立ち止まりキスを強請りました。

★ ★ ★

ホテルに帰ると部屋に入るなり夏夫の手を股間にエスコート、湿地帯に触れると説明するまでもなくオマンコはビショビショです。

SMショップの店内回遊が前戯となり、既にオマンコを濡らしていると臨戦態勢の結衣でした(苦笑)

ヴェネチアンマスクをつけてあげるとワンピースを脱がし、顔を分からなくしてから洗浄したディルドの吸盤を窓に・・。

下着も脱がすとガーターレスの黒ストだけという姿にしては、夏夫もビキニ一枚になり夜景をバックに抱擁します。

結衣が窓に背中を向けたところでマスクを外し、立たせたまま腰を曲げさせ仁王立ちのフェラチオを堪能しました。

肉棒を咥えさせたまま結衣のポジションを微調整、ディルドの位置はベストと確認すると・・。

「後ろ手に握って(ディルドを)挿れてみろよ。」

『えーっ・・外から丸見えよ(泣)』

ディルドを窓につけた時点で気づいているはずも白々しい、ゆっくり半歩下がると後ろ手に手探りするから・・(苦笑)

こうしてディルドに立ちバックで犯されながら、夏夫の他人棒を咥えては泣き狂う結衣でした。

無理な姿勢で腰を痛めても困るのでベッドに移動、いきなりの顔面騎乗位でクンニしてあげます。

69ではオマンコだけでなくアナルも舐めてあげると、回復70%の他人棒に唾液を絡ませジュルジュルと吸引してました。

結衣は小刻みな痙攣を何度も繰り返していたから、小さなアクメを迎えていたのが分かります。

ディルドのあとだけに不満はあったでしょうが、騎乗位では髪を振り乱し美乳を揺らしては腰を振りました。

いつ見ても、どの角度から見てもイイ女です!

こんな絶世の美人妻でも不倫に燃え、他人棒と淫行に狂うのだから他人妻との浮気は止められません。

★ ★ ★

放心状態でミネラルウォーターを取りに行くと、窓のディルドを見て『持って帰ってもいいの?』と聞きます。

実は結衣とは三年ほど前になりましょうかSMホテルに行ったことがあり、首輪や手枷を使っては放尿プレイも楽しんだことがありました。

あのときは浣腸も用意してましたがNGとなり、夫婦では使わないことを条件にバイブを買い与え持ち帰らせたことがございます。

たしかコンドームにローターを詰め、オマンコの中で暴れ出すタマゴに狂っていた記憶が・・。

「勿論いいけど、旦那に見つからないようにしないとな(苦笑)

前に買ってあげたのは、どうした?」

『メイクボックスに隠すから大丈夫、こんなの自分では買えないから・・(照)

アレは・・たまに独りで使ってるわ。』

コレクションを増やすのに、協力することになりましょう(苦笑)

夏夫も二度目の射精を果たすと、ディルドを窓から外して一緒にバスルームに歩きました。

軽く洗浄したディルドを床に立たせ、結衣をM字開脚で屈ませて楽しみます。

このときばかりは結衣の小顔を手で押さえると、リアル他人棒を咥えさせイラマチオの気分を味わいました。

★ ★ ★

バスルームを出た結衣はストッキングこそ穿かないもまでも、夏夫の回復を早めようとパンティを穿き替え挑発します。

先にベッドに上がった結衣は淡いパープルのバタフライ(Tバック)で、ヒップを突き出した四つん這いのお強請りポーズに悩殺されました(汗)

二人とも〝愛してる♡〟の言葉を繰り返しては、結衣だけは〝私、何があっても夏夫とは別れないわ(泣)〟と言います。

また新しいオトコを作ることになれば、ここまでの淫行を楽しむまで時間を要するとでも思ったのでしょうか(苦笑)

深夜の淫行は比較的ノーマルでも、手淫と舌戯の愛撫に時間を掛け二人ともトロトロでした。

正常位では・・。

『やっぱりホンモノがいい・・。

あぁ凄い・・脈を打ってるわ(汗)

ねっ、動かないでっ!』

夏夫の腰づかいが下手なのか、正常位になると妻も同じように〝動かないで〟と言われることが度々あります(汗)

スローSEXは延々と丑三つ時まで続いたから、結衣が夏夫の腕枕で寝たのは4時近くのこと。

★ ★ ★

全裸の二人が目を覚ましたのは8時前、一瞬どこに居るのか寝呆けるもスッピンの北川景子を見て興奮すると朝勃ちします(苦笑)

朝は比較的に弱いという結衣をベッドに残して、歯を磨いて戻ると布団に潜り朝露に濡れたオマンコを舐めました。

『あっ、夏夫・・ダメーっ、顔も洗う前からイッちゃうわ(泣)

でも夏夫と一緒に暮らしたら、あぁ・・毎日、素敵な朝を・・あっ、あぁーん(泣)

夏夫・・。』

スッピンの逝き顔も美しいと、結衣は朝からアクメを迎えパウダールームに駆け込みます。

手際よくメイクを施すとノーブラに黒いTバックを穿いては、前夜に吊るしておいた真っ白なサマードレスを着ました。

ややロング丈のワンピースというサマードレスですが、フロントに大胆なスリットが切れ込むセクシードレスです!

昼夜が時差ボケのように錯覚させられたから、つい美魔女のホステス相手に缶ビールを飲みました。

ブレックファーストを抜きで朝から愛し合うと、シャワーも浴びずモーニングSEXに・・。

『元気・・。』

そう一言だけ呟くと朝勃ちした他人棒を咥えて、朝食のつもりかモグモグと味わってます(苦笑)

朝はオーラルだけ楽しむとレストランでブランチ、ホテルから出ることなく部屋に戻りました。

★ ★ ★

レイトチェックアウトまで4時間半、部屋に戻って窓を見ると生々しく吸盤のあとを見つけます。

『ルームキーパーが見たら、何だこれって思わない?(汗)』

「何だとは思うだろうけどラブホじゃあるまいし、まさか高級ホテルでディルドを使ったなんて思わないよ。

窓の匂いを嗅がなければ・・(笑)」

「えっ、匂い・・指紋じゃないけど、曇って見えるのは私のお尻が触れたあとじゃない(汗)」

結衣は慌てるようにしてティッシュで拭き取ってましたが、ディルドの長さからしてヒップが窓にぶつかるほど根元までは挿れてないはず、興奮していてそれすらも分からなかったのでしょう(苦笑)

『私・・人並みに経験あると思うけど、夏夫とは初体験のことばかりでエッチな人妻みたい(泣)』

人並みの経験という言葉に嫉妬心が反応したから、結衣をベッドに押し倒しスリットを大きく開くと顔を埋めました。

過去に結衣を抱いたオトコどもは、今も自慢していることでしょう(泣)

まるでレイプするかのようにパンティを脱がすと、これまた極小三角巾のため結衣の片膝で小さく丸まります。

結衣は両肘を後ろにつくと、抵抗するどころか開脚して夏夫に協力しました(汗)

ずっと舐めていて欲しいという気持ちは一夜明けても変わらず、些か斜めになると片肘で身体を支え、片手で夏夫の頭をオマンコに押しつけます。

『舐められるのって、恥ずかしい・・。

バイブ(ディルドをそう呼びました)もだけど、恥ずかしいことされるのが好きになりそう(泣)』

夏夫がクンニしている間、聞こえるように独り言を・・。

★ ★ ★

チェックアウトまで刻々と時間が迫ってくると、結衣は最強の勝負下着を披露してくれました。

「家でも着てるのか?(汗)」

『家では着ないわ、昨日の朝に試着はしたけど初めてよ。』

一見水着にも見えたセクシーランジェリーは、パンティだけでなくブラジャーも極小の三角巾です!

隠す面積は必要最小限という極小三角巾のブラジャーとパンティは、淡いグレーで勿論カップレスで内側のあて布もございません。

ちぃパイでも爆乳でもない結衣のバストはEカップ、静香では乳輪がハミ出すほど小さな三角巾のブラジャー。

ワインレッドのGストより・・黒いTバックより更に小さな三角巾のパンティは、無毛のワレメをギリギリに隠します(汗)

このあとのプレイを少し端折らせてもらうと、この下着で新発見。

ノーブラ、パンティを片膝に引っ掛けたシチュエーションを好む夏夫ですが、下着を剥ぎ取らないままのSEXに興奮(汗)

・・というのもブラジャーを上に持ち上げた姿ほど醜いものでマヌケですが、この極小ブラはズラしても絵になりました。

騎乗位ではパンティを穿かせたままという見慣れない光景も、数十ミリずらしただけでの挿入にも興奮します。

★ ★ ★

勿論のこと最後は全裸の結衣を堪能、チェックアウトのギリギリまで・・。

結衣を自宅に送ったまでを書き込もうと思いましたが、別れ際のレポートは虚しくなるだけです(泣)

パートナーにランク付けする気はありませんが、ましてや昨日の今日だからと思われましょうが、結衣だけは手離せないと思った夏夫でした。

夏夫らしくないと言われましょうが、SEXが出来なくなる年令になっても、妻と結衣の二人は年老いても見てるだけで満足することでしょう。


これから燿子のマンションに・・。



  1. 2017/05/24(水) 07:48:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

短編レポートを幾つか・・

PART1 久美の続編…

先週の金曜日は淫秘書と野外淫行を楽しんでから、久美はブルーのパンティを夏夫に嗅がせては運転の邪魔をするとノーパンで帰りました(笑)

立ちバックと背面座位で犯すも夏夫が射精を我慢したのは、帰宅してからの楽しみもありましたが逆流する自身の体液でシートを汚したくなかったからです。

途中で気づきハラハラしたのはダッシュボードに隠した燿子のパンティで、今回は久美のもあったことから(クルマに)乗ったついでに持ち帰ると言い出したら、見たこともない(燿子の)Tバックを見つけることになるからヤバいと・・(汗)

幸いにもパンティを持ち帰らせたことを覚えてないようだから、あとで白々しく夏夫も忘れてたと言って返しましょう。


久美のマンションを訪問するのに、クルマを会社に止めたのが幸い・・いやいや、災いに・・(^^;;

夏夫の模範的ハンドル操作を見てはベイエリアの前に楽しんだ死角に立った久美、今度はオフィスで楽しみたいと言い出したのです。

これでまた食欲を後回しにして性欲を優先したから、夏夫の本家帰宅が益々遅くなりました(泣)


淫行の最中に交わす〝愛してる〟とのロマンチックに聞こえる言葉も、所詮は互いのSEXを評価するだけのもの。

SEX抜きで愛を語れない二人が惚れ合うのは、遠慮知らずの行為(プレイ)と肉体のパーツかも・・。

野外で全裸、会社でSEXといった非日常的な性活により性欲は満たされるから、二人には止められない止まらないでした(苦笑)

野外というアウトドアでは裸、インドアのオフィスでは着衣プレイに興奮するのは不思議です。

会社敷地内の死角▶︎車内▶︎ベイエリア▶︎オフィス▶︎マンションとシチュエーションを変えると、エロ社長と淫秘書のレポートを書き出したらSEX同様にキリがありません(汗)

★ ★ ★

PART2 美魔女の誘惑…

昨日は日曜日だというのに、朝から結衣が掟破りのメールを送ってきました。

今日これからのこと(外泊デート)を考えると興奮して、一昨日は中々寝つけなかったと言います。

大した内容のメールではありませんが喜びを訴えては、今日の装いとランジェリーのリクエストを受けつけるとか・・(苦笑)

結衣が相手ならとくに注文もなく、装いやランジェリーは勿論のことホテルも彼女任せにしました。

美しすぎる淫妻とエロい淫秘書、そして魔性のオンナとそれぞれを見比べたいと、結衣にも真っ白なノースリーブ姿は見たいとだけリクエストします。

どうせ結衣のことです、妻と同じでたかが一泊でもコスチュームと下着は三泊分は持参するはずだから、一つぐらいは・・。

結衣の温泉リクエストは断念すると、好きなホテルに好きな部屋を用意するよう伝えます。

「寝かさないよ(笑)」

『その言葉、そのままそっくりお返しするわ(笑)』

外泊を前にこんなメールのやり取りをする幸せな不倫カップル、美女と野獣です(苦笑)

★ ★ ★

PART3 エロの女帝が独り言を…

〝ウヰスキーがお好きでしょ・・♫〟

御存知の通り某アルコール飲料のCMで流れる曲ですが、このCMを見るたびに井川遥▶︎淑子▶︎美熟女▶︎エロと即座に連想してしまう夏夫です。

そんな淑子のメールにリターンを怠る夏夫の返信が期待出来ないと、独り言のように一方的なる自身のレポートを送ってきました(笑)

もしかすると、盗作になるであろう淑子の独り言(メール)が今日のエログでメインのレポートかも・・。


『(前略)夏夫なら理解頂けると思って話すけど、昨日は(浮気)相手の提案で3Pしちゃった。』

淑子に限って浮気の浮気を容認する夏夫ですが、オトコ二人掛かりで犯される彼女を想像すると肉棒が暴れ出します。

タイトル(件名)こそ空欄のメールでしたが、書き出しにインパクトを受けると妻の目を盗んで二度読み直しました(苦笑)

アレンジするには時間がないので無断で盗用、淑子のメール(一部抜粋・修正)をコピペします。

『医者の彼とは一度しかエッチしてないのに3Pをしたいと言われて、私を満足にさせてくれるならとOKしたの。

もう一人は私の知り合いより他人の方が燃えると思ってお願いすると、彼が院長で勤務する病院の理事長を連れてきたわ。

あとで聞いた話ではこの二人、過去にナースや旦那さんが入院中の人妻とも3Pしたことがあるって、道理で手際の良いチームワークのはずよ。

(中略)

院長が借りてる高級マンションに呼ばれてエッチしてたら、あとから理事長が来て3Pになったの。

(勿論二人とも既婚者で院長は50代、理事長は60代、マンションは病院名義で借りて院長が利用しているとか・・淑子談)

院長に姦られてシャワーを浴びると、理事長が用意してきた二人の勤める病院の白衣に着替えさせられて…

(ノーブラ・ノーパンでパンティを白衣を着せられ、これまた理事長の用意した白いパンストを直穿きで・・淑子談)

二人で私の白衣姿をホメ殺しすると、スプリングが固めのソファに立たされ彼らが私を挟むように座ったわ。

さすがにナースシューズは用意してなかったけど、理事長は白いパンストの爪先に透ける赤いペディキュアを見てエロいって興奮してたみたい。

パンストを穿いた脚を一本ずつ担当しては頬ずりしたり撫でられたりされて、ノーパンだったから濡らすのが恥ずかしくて…

股間近くのフトモモを4本の手で撫で回されたときは立ってられなくなって、思わず二人の首につかまったら勘違いされたの。

私が舐めて欲しいってサインを出したと勘違いしたらしく、白衣の中で誰のかわからない手がパンストを滑らせたわ。

ヒロミ君は意外に剛毛だったけど、君は誰に見られてもいいようにキレイに処理しているねって見比べた感想を言うじゃない。

(ヒロミというのは、彼らの餌食になったナースとか・・淑子談)

二人の肩につかまってパンストを脱がされると、院長が染みを見つけて理事長に嗅がせたから恥ずかしくて…

病院での力関係はわからないけど弄るときは我が先って感じだったのに、白衣の中に顔を突っ込むのはお互いに譲り合うのよ。

どっちでもいいから、早く舐めてってイライラしたわ。

(中略)

院長に促されて白衣を脱ぐと、痛いほどの視線を感じて目で犯されたわ。

両手を二人と片方ずつ手を繋いで寝室に連れて行かれると、ソファでは優しかったのに豹変してベッドに押し倒されたの。

二人もパンツだけになると、二人とも勃起していてテントを張っているじゃない。

この日初めて(オマンコを)舐められたのは理事長で、(肉棒を)舐めたのは院長のだったわ。

(注:オマンコと肉棒という言葉は夏夫の加筆です・・汗)

ソファで散々弄られたから愛撫は十分だったのに、院長の見守る中を理事長にはクンニに時間をかけて舐められたの。

理事長は自身のことより私を喜ばせたい一心で執拗なまで舐めると、最初はキモかったのが次第に快感と変わっていったから不思議よ。

一つだけ難点を言うなら理事長の放つ加齢臭で、私は夏夫みたいにフェチにはなれないかも…

鼻毛は飛び出すわ、チン毛は白髪混じりだわで不潔に見えるけど、苦手な相手に犯されてると思うと興奮するからこれも不思議だわ。

大きさは理事長の勝ちだけど、固さは院長かしら。

(中略)

二人のチームワークが見事だったのは、院長に背中を向けて騎乗位(背面騎乗位のことでしょう)で犯されると仁王立ちになった理事長にフェラチオさせられたの。

これだと私を挟んで二人が目を合わすこともなければ、院長に理事長の汚いお尻を見せることもないわ。

(要するにノーマルな騎乗位でもう一人をフェラチオするとなれば、理事長は院長の顔を跨ぐことになり見たくないものも見えてしまうと言いたかったようでした。

参考になります・・笑)

(中略)

これでも返信をくれないなら夏夫も3Pしない、勿論オトコは夏夫一人で私と女性二人よ。』

この誘惑に夏夫がメールを返したのは言うまでもありません、実行日ともう一人の相手は未定ですが近日中に楽しむ予定です!

こんな淑子って如何でしょう(汗)

★ ★ ★

PART4 夫婦性活…

そろそろ結衣を迎えに行く時間なので、週末の夫婦性活は簡単に・・。

土曜日は前日の淫秘書との淫行に余韻を残したまま、日曜日は淑子のメールに興奮したままで夫婦性活に臨みました(苦笑)

とくに昨日の日曜日は、今夜は独り寝しなければならないからか妻の乱れっぷりは凄まじいものが・・。

妻自らハメ撮りを希望すると、夫婦の営みを見て今夜はオナニーすると言います。

夏夫がリクエストする間もなく朝からセーラー服に着替え、現役JKに見習わせたいセクシーな姿を披露しました。

直ぐにセーラー服のプリーツスカートを脱ぐと、夏物の制服はセーラーカラーに赤いリボンのトップスだけに・・。

生脚に濃紺のハイソを履いては肉棒をフェラチオする姿はエロく、セーラー服が一番似合う美しすぎる奥様に変身です。

サテンピンクのTバックを脱いでは騎乗位でM字開脚を披露、ハイソを履いた美脚の膝を曲げては腰を落としカリ首の引っ掛かりを楽しみました。

肉棒を抜いてもM字開脚のまま顔面騎乗位となり、クンニとアナル舐めを強請り泣き狂います。

セーラー服の上着も脱ぐと解いた赤いリボンタイを首に巻き、騎乗位で大きな美巨乳を揺らしては腰を振りました。

三脚に固定されたビデオカメラは一つのアングルしか撮影は出来ないと、妻が三脚から外したカメラを夏夫に手渡します。

自分の逝き顔だけではオカズにならないのか、カメラを奪うと夏夫のマヌケな顔や結合部を撮り始めました(苦笑)

このあとは何度も奪い取り合って撮影したビデオを大画面のテレビに映しながらSEX、妻の喘ぎ声がステレオ放送となり聴覚を刺激します。

夏夫はキャプ画をスマホに保存して、これから出張(妻への言い訳)に出掛けますが多分見るヒマはないでしょう(汗)


何だかレポートしたくなるようなことばかりがあった週末だけに、短編4部作で忙しくお届けしましたが、結衣とのレポートは明日もしくは明後日にでも・・。

では、行ってきまーす!




  1. 2017/05/22(月) 10:50:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーズン到来

週末の淫秘書は勝負服に勝負下着で出社すると、美しすぎる妻に対抗するかのように真っ白なノースリーブのワンピースに水色のランジェリー。

オフィスの中をモンローウォークで歩くたび、短すぎるワンピースの裾が持ち上がりナチュストの太腿をチラ見させます。

会社では他の社員にストッキングのウエルトを見せられないと、退社時刻が近づいたところでトイレに駆け込みパンストをガーターレスに穿き替えました(汗)

パンスト越しに見るパンティも悪くありませんが、スト越しで曇るから水色に見えたも直に見ると鮮やかなスカイブルーです。

一見爽やかな色の組み合わせも半日も穿けば淫汁を染みつけたパンティ、脱ぎすてたパンストもろともマニアには高値がつくことでしょう。

★ ★ ★

美しすぎる妻と自宅ポーチでオーラルを楽しんだ翌日だけに、久美ともアウトドアをと考えますが中々適当な場所が思い浮かびません(汗)

会社もオフィスの中だけではないことに気づき、最後に施錠して出ると外部からの死角を見つけ淫秘書を抱き寄せました。

この時期は18時でもまだまだ明るく、死角といえど気になる他人の視線が二人を興奮させます。

朝からスイッチの入りっ放しだった淫秘書だけに、サプライズなシチュエーションに一瞬驚くも一切の抵抗をしませんでした。

一歩会社を出れば〝路駐禁止〟の看板があるも〝路チュー禁止〟はなく、メイク直しにグロスで濡らした唇を奪いました。

直ぐに奪い返されては舌を挿れられ、パンツの上から肉棒を撫で回しては息を荒げる淫秘書です(汗)

外は明るいだけに立ちクンニや仁王立ちのフェラチオは無理と、パンティの中に手を入れクリトリスを弄ってあげました。

『夏夫、私・・。

直ぐにイッちゃう(泣)』

久美はイクことに困るわけではなく、直ぐにイクから止めないでと訴えたかったのでしょう(苦笑)

★ ★ ★

淫秘書との野外淫行はせいぜい手淫までに我慢すると、性欲が収まらないのは久美の方でした。

食欲よりも性欲優先と考える久美は、今一度オフィスに入るか早くマンションに帰りたいと言います。

選択肢を一つ増やしてあげると、飲酒前ならドライブも可能と言えば顔を紅潮させコクリと頷きました。

ガレージからクルマを出す間、久美はスマホで〝都内の野外SEXスポット〟を検索して夏夫に見せます。

二人が選んだのは首都高を利用すればアクセスもいい某ベイエリアで、到着するまで肉棒を握りっ放しの久美でした(汗)

週末の早い時間とあって人影やクルマが全くないわけではありませんが、中には同じ目的のカップルも居たかも知れません(苦笑)

カーSEXを楽しむだけならわざわざ遠征する必要もなく、スーパーの駐車場や数少ない首都高のPAでも出来ましょう。

遠征した以上は車外に出て楽しむことが目的、せっかくならワンピースにハイヒール姿の淫秘書を犯したいものです。

★ ★ ★

日没になると好都合ということで後部座席に移動、スモークフィルムの中で夏夫はパンツのファスナーを下されました。

久美はパンモロで鈴口を舌先で擽り、ジュルジュルと卑猥な音を立て肉棒を咥えては舐め回します。

たまには夏夫もイラマチオの気分を味わいたいも、フェラチオの好きな久美を相手には楽しめません(苦笑)

窮屈な姿勢に腰を引かれてのフェラチオではパンティも覗けないから、ワンピースの裾をヒップで捲りTバックの食い込みを確認しました。

無理な姿勢にTバックの食い込み具合はエグく、パンティをズラさなくてもアナルに触れられます。

フェラチオされながらアナルに人差し指を挿れ掻き回すと、肉棒を吸引する力が強くなるから堪りません(汗)

★ ★ ★

久美はハイヒールを脱ぐと前部のシートを抱えるようにして開脚、突き出したヒップのパンティを脱がせました。

夏夫を立ったまま跨ぐポーズ、両手の親指を桃尻に食い込ませてアナルを拡げると窄めた舌先を挿入。

フィルムを貼ってないフロントガラスから覗かれないよう、クルマの鼻先を海に向けて止めてあります。

まさか海に立てるわけがないと、覗き魔はボンネットに寝そべるしかありません(苦笑)

淫秘書はノーパン着衣でヒップを突き出すと、アタマを天井にぶつけては暗中に揺れる水面を眺めながらのアナル舐めを堪能してました。

「全部脱げよ。」

狭い密室の車内でワンピースを脱ぐと、覗かれる心配はなくとも全裸は勇気が必要のようです。

『ねっ、本当に見られてない?(汗)

窓とドアは、絶対に開けないでよっ!』

可愛いアナルを見たいのは他ならない夏夫で、手を伸ばすと天井のルームライトを点けます。

『やっ、やめてよ(泣)

運転席と助手席(のガラス)は、フィルムを貼ってないのよ(汗)』

全裸の久美は慌てるようにしてルームライトを消したから残念、手探りならない舌探りでアナルを舐めました。

★ ★ ★

『こんなの・・おかしくなっちゃう。

前も、どうにかならない(泣)』

「前じゃ分からないな(苦笑)

どうにかって、どうして欲しいんだよ(苦笑)」

『・・・(恥)・・お、オマンコ・・ホント意地悪なんだから(泣)・・オマンコも舐めて欲しいのよっ、恥ずかしいこと言わせないで(泣)』

後部座席のシートに寝かせても無理があると、全裸の久美がというわけにいかないので、掟破りにドアを開けて夏夫が車外に出ました。

美脚のスト脚を肩に担ぐと、膝を曲げさせ股間に顔を埋めます。

クルマの鼻先は海に向かっていることで、ドアを開ければ必然的に後方からは久美のスト脚が見えて何をしてるかは・・(^^;;

これで止めてと言うわけがないと、クンニだけでは満足出来ないと肉棒の挿入を強請りました(汗)

『もう好きにして・・。』

久美にハイヒールを履かせると車外に連れ出し、シートに手をつかせヒップを突き出させます。

夏夫には全裸となる勇気がないと、下半身だけ脱いで立ちバックで背後から肉棒を挿れてあげました!

これで尻を蚊にでも刺されたりしたら、妻に何て言い訳しなきゃならないことでしょう(汗)

ドアが一枚開いてるだけで二人とも落ち着かないと、再び後部座席に戻ってはドアを閉め、久美が夏夫に背を向け跨ぐと背面座位を楽しみました。

夏夫の手がバストもオマンコも揉みくちゃにすると、久美の手は陰嚢と結合部を触れます。

久美は仕事にはない気を利かすと、ルームミラーを動かし逝き顔を見せてくれたからデキル秘書でした(苦笑)

★ ★ ★

昨日から書き足しを繰り返して完成したこのレポート、今日になったのは妻に軟禁されていたからです(汗)

久美のマンションに帰ってからの淫行、昨日の妻とのレポートも書きたかったのですが・・。

明日は時間があれば久美との続編と合わせて、昨日と今日これからの妻レポート、また淑子と結衣から届いたメールも紹介出来たら幸いと考えてます。


では、皆様もエロい週末を・・(苦笑)



  1. 2017/05/21(日) 10:39:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

管理規約によると・・

昨日は美しすぎる愛妻と近所の寿司屋で待ち合わせ、ガレージにクルマを止めると部屋で着替えてから行きます。

洗濯機に靴下を放り込むときに妻のパンティを発見、ローズピンクのTバックを裏返してはクロッチに鼻をつけ淫臭を嗅ぎました。

染みの具合から脱ぎすてたばかりと分かると、寿司屋には新しいパンティに穿き替えて行ったかと思っては残念やら楽しみやらです(苦笑)

美人妻の淫臭をインプットしてから、寿司屋に・・。

「毎度っ!

夏夫さんは来ないって潤ちゃんが嘘を言うから、さっきからオオカミが狙っているのを守ってあげてたよ(笑)」

大将が妻の両隣りを見ては顎で指して言うので、夏夫に恐縮して会釈する二人のオオカミでした(苦笑)

★ ★ ★

正確な気温は分かりませんでしたが湿度が高かったのは間違いなく、羽織って行った白いカーディガンを脱いでいたからオオカミが騒ぐはずです(汗)

見るには楽しめるノースリーブですが、ブラジャーの紐が覗けてしまうのは本人にしてみれば難点。

ローズピンクからダークブラウンのパンティに穿き替えたのが、肩から覗くブラジャーの色で分かりました。

妻はカウンターの下で夏夫の手を太腿にエスコートするから、両サイドの単独さんは気になる様子(苦笑)

しっかり妻の容姿をインプットして、帰宅したら間違いなくオナニーすることでしょう。

「やっぱり夏夫さんが来ると嬉しそうじゃない、一気に御機嫌になっちゃって!」

そう女将に冷やかされるも、このあとのことを考えたら妻が御機嫌になるのは当然です(笑)

★ ★ ★

カウンターに向かって夏夫の左に妻が座ると、更に左側には30代だという独身歯科技工士(女将情報)、夏夫の右には50代のコンビニ店長が座りました。

若い歯科技工士はカウンターの下が気になるも、夏夫が妻に向いて話すから目線を落とせません(苦笑)

それに比べコンビニ店長は夏夫が背を向けがちだから、時折振り返るとカウンターの下を覗いて鼻息を荒げてました。

夏夫のエログはノンフィクションだというのに御免なさい、店長の鼻息だけはイメージでオーバートークかも・・m(_ _)m

妻はワインの酔いが回ってくると夏夫をヘッドロックするようにイチャつくから、位置的に店長はノースリーブの腋が覗けて悩殺されたことでしょう。

散々二人にラブラブなのを見せつけてから席を立つと、二人を生殺しにして我が家に帰りました。

夏夫と妻が居なくなった席の隙間、オオカミの二人には虚しい空間だったのではないでしょうか(苦笑)

★ ★ ★

しっかりしたセキュリティ管理のマンションだけに、所々に防犯カメラがあり部屋に入るまで過度な淫行はNGです。

それでも防犯カメラの死角をよく知る夫婦で、人の気配がないのを確認してはワンピースの裾を捲りました(汗)

『あぁーん、ダメよっ!

あと50メートル待てないのは私も同じだけど、もう少しだけ我慢しましょ(照)』

我が家は角部屋でポーチに防犯カメラが向いてないと、玄関ドアの外側に妻の背中を押しつけ淫行に及びます。

扉の裏は二人だけの世界に浸れるというのに、これも露出プレイの一つか・・。

『(もうビショビショよ、触って。)』

ポーチを開けて侵入されなければ死角ですが、声だけは押し殺して小声で愛撫を強請る妻でした(汗)

寿司屋を出るときに着たカーディガンを脱がすと、バンザイさせては綺麗な腋に舌を這わせながらスト脚の太腿を撫でます。

腋を舐められてない方の手で夏夫の太腿を撫でる手首を掴み、自らの股間にエスコートする美人妻でした。

我が家の敷地内(正確には分譲マンションとはいえど、ポーチは共有部分らしいですが・・汗)で、ノースリーブのワンピースにハイヒール姿は堪りません(汗)

部屋の中は土足厳禁だけに、ポーチで楽しむしかないプチ野外プレイです。

ダークブラウンのTバックに手を入れてはオマンコを弄り、申告通りビショビショなのを確認してから膝までパンティを下ろしました。

『夏夫・・(舐めて・・。)』

注:(カッコ内)は口パク。

美人妻のリクエストに応えると膝を曲げての立ちクンニ、妻は夏夫に協力すると自らの両手でオマンコを拡げます。

それでも膝まで下ろしたパンティが開脚の邪魔だけに、ハイヒールの片足を一瞬脱ぐと片膝に引っ掛けました。

これでクンニしやすくなると妻は再び玄関ドアに背中をつけ、ハイヒールを履いたスト脚を軽く曲げては股間を突き出します。

縦のワレメが横に楕円となるぐらいに両手で拡げたから、夏夫は妻のスト脚を抱えるようにして身体を安定させては舌を伸ばしました(汗)

★ ★ ★

あっという間に立ちクンニでアクメを迎えたのは、覗かれたら困ると急いだワケではなく、玄関ドア前のポーチというシチュエーションが興奮させたとか・・(^^;;

こと〝性〟に関してはとくにサービス精神の旺盛な妻は、ノーパンでワンピースを着たハイヒール姿で屈みギブアンドテイク。

仁王立ちする夏夫の肉棒をフェラチオする顔が、玄関(ポーチ)のライトに照らされ妖しいから・・。

扉一枚の向こうで落ち着いて楽しめばいいもの、本当に呆れた夫婦でした。

もっとも部屋に入ってからは普段のSEXだけに、こうしたプレイがなければエログは休載だったでしょう(苦笑)

今日はこのあと淫秘書とデートですが、久美のマンションにはポーチがないので玄関前は無理です(汗)

バルコニー・・もしくはエントランス脇の駐輪場なんて使えるかもと思うも、何もそこまでして・・。

久美に言えば面白そうと実行することになりましょうから、慎重に言葉を選ぶことにしましょう(苦笑)




  1. 2017/05/19(金) 15:16:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

夏夫

Author:夏夫
性別:肉食系♂(笑)
趣味:SEX
仕事:CEO
婚歴:バツ2
好きなもの:妻とSEX
嫌いなもの:高所恐怖症
性癖:第一臭を好む匂いフェチ
好きな体位:69、騎乗位、背面騎乗位、顔面騎乗位、バック
好きなプレイ:オーラル、SM、ハメ撮り、相互オナニー鑑賞
女性の趣味:熟女、人妻、お水、セクシー系
苦手な女性:AKB、メイドカフェ系、ブリッ子

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1455)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR